お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-11 15:50
電気化学的手法によるInPポーラスナノ構造の形成および機能修飾と化学センサへの応用
溝畑彰規吉澤直樹佐藤威友橋詰 保北大ED2008-102 SDM2008-121 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2008-102 SDM2008-121
抄録 (和) We investigated the electrocatalytic activity of n-type InP porous nanostructures and the feasibility of their functionalization for the biochemical sensor applications. The porous structures have extremely large surface areas over 10 m2/cm3 and superior electrical properties with conductive semiconductor substrates. The response currents to the addition of H2O2 increased on the porous electrodes due to their enlarged surface area, and its sensitivity had good linearity with H2O2 concentration. As a first attempt of the electrochemical functionalization, glucose oxidase membrane was successfully deposited onto InP surface by adjusting the electrochemical conditions. 
(英) We investigated the electrocatalytic activity of n-type InP porous nanostructures and the feasibility of their functionalization for the biochemical sensor applications. The porous structures have extremely large surface areas over 10 m2/cm3 and superior electrical properties with conductive semiconductor substrates. The response currents to the addition of H2O2 increased on the porous electrodes due to their enlarged surface area, and its sensitivity had good linearity with H2O2 concentration. As a first attempt of the electrochemical functionalization, glucose oxidase membrane was successfully deposited onto InP surface by adjusting the electrochemical conditions.
キーワード (和) Electrochemical Process / Porous Structure / Functionalization / Indium Phosphide / Chemical Sensor / / /  
(英) Electrochemical Process / Porous Structure / Functionalization / Indium Phosphide / Chemical Sensor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 121, ED2008-102, pp. 327-330, 2008年7月.
資料番号 ED2008-102 
発行日 2008-07-02 (ED, SDM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2008-102 SDM2008-121 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2008-102 SDM2008-121

研究会情報
研究会 SDM ED  
開催期間 2008-07-09 - 2008-07-11 
開催地(和) かでる2・7(札幌) 
開催地(英) Kaderu2・7 
テーマ(和) 第16回先端半導体デバイスの基礎と応用に関するアジア・太平洋ワークショップ(AWAD2008) 
テーマ(英) 2008 Asia-Pacific Workshop on Fundamentals and Applications of Advanced Semiconductor Devices 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2008-07-SDM-ED 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 電気化学的手法によるInPポーラスナノ構造の形成および機能修飾と化学センサへの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Electrochemical Formation and Functionalization of InP Porous Nanostructures and Their Application to Chemical Sensors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Electrochemical Process / Electrochemical Process  
キーワード(2)(和/英) Porous Structure / Porous Structure  
キーワード(3)(和/英) Functionalization / Functionalization  
キーワード(4)(和/英) Indium Phosphide / Indium Phosphide  
キーワード(5)(和/英) Chemical Sensor / Chemical Sensor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 溝畑 彰規 / Akinori Mizohata / ミゾハタ アキノリ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 直樹 / Naoki Yoshizawa / ヨシザワ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 威友 / Taketomo Sato / サトウ タケトモ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋詰 保 / Tamotsu Hashizume / ハシヅメ タモツ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-11 15:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2008-102,IEICE-SDM2008-121 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.121(ED), no.122(SDM) 
ページ範囲 pp.327-330 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ED-2008-07-02,IEICE-SDM-2008-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会