電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-09 11:00
IPv6普及促進のためのIPv6Webサイト報告システムのフィールド実験
松川正義NTT西日本_中国)・前田香織広島市大)・相原玲二西村浩二広島大IA2008-18
抄録 (和) IPv6は技術的には普及段階に入っている.しかし,エンドユーザへの普及は進んでいない.そこで,本研究ではユーザ参加型の実証実験により,IPv6対応Webサイトがどれだけ見つけられるかを調査するとともに,エンドユーザにIPv6の利用機会を増やす試みをした.実証実験では実験参加者にIPv6接続環境を用意し,実験参加者間でIPv6対応のWebサイト(URL)の報告を競う枠組みを提供した.本実験では,現在稼動するIPv6Webサイトを約300発見することができた.また,エンドユーザへのIPv6の普及度をユーザのIPv6対応Webサイトの発見率の観点から考察した. 
(英) IPv6 deployment advances technically. However, its deployment to end-users is not enough. Then our research is to find how many IPv6 available Web sites by a field experiment with end-users and to improve opportunities to connect IPv6 networks to the users through the experiment. We provide two experimental systems. One is to connect IPv6 networks and the other is to report URLs of IPv6 available Web sites. The experiment participants compete the number of URLs each other in the experiment. About three hundreds of Web sites were found as a result of the experiment. Also, we consider the ratio of the number of reported IPv6 Web sites to the number of IPv6 address allocations in the world as the diffusion of IPv6 to end-users.
キーワード (和) IPv6 / トンネル技術 / Webアプリケーション / / / / /  
(英) IPv6 / Tunneling Technology / Web Application / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 120, IA2008-18, pp. 31-36, 2008年7月.
資料番号 IA2008-18 
発行日 2008-07-02 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2008-18

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2008-07-09 - 2008-07-09 
開催地(和) 品川インターシティ(午前)、THE GRAND HALL(午後) 
開催地(英) Shinagawa Inter-City (mornign), The Grand Hall (afternoon) 
テーマ(和) インターネット運用・管理技術、一般 (JANOG併催) 
テーマ(英) Operation and Management Technology in the Internet, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2008-07-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IPv6普及促進のためのIPv6Webサイト報告システムのフィールド実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A field experiment of reporting IPv6 Web sites for IPv6 deployment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IPv6 / IPv6  
キーワード(2)(和/英) トンネル技術 / Tunneling Technology  
キーワード(3)(和/英) Webアプリケーション / Web Application  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 正義 / Masayoshi Matsukawa / マツカワ マサヨシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTT西日本-中国 (略称: NTT西日本_中国)
NTT West Chugoku Corporation (略称: NTT West Chugoku Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 香織 / Kaori Maeda / マエダ カオリ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学大学院 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 玲二 / Reiji Aibara / アイバラ レイジ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 浩二 / Kouji Nishimura / ニシムラ コウジ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-09 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2008-18 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2008-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会