電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-09 09:25
エンドノードからのIPトポロジ探索におけるノード検出回数に基づくトポロジ特性の分析
益井賢次門林雄基奈良先端大IA2008-14
抄録 (和) 実展開の簡便さなどから,エンドノードが特に権限を必要とせず収集可能なネットワーク特性のみでインターネットの構造を把握することが注目されている.本論文では,このようなネットワーク特性のひとつとして,IPトポロジ探索においてノードが検出された回数に相当する検出次数という指標に注目する.検出次数により,インターネットを構成するノードやトポロジの特性を推測可能であるかを判断するための予備実験として,実際にPlanetLabのノード群を利用して世界中のノードに対してIPトポロジ探索を行い,収集した情報を検出次数に基づいて分析した.その結果,複数の観測元ノードからの経路で共用されるノードなど,いくつかのノードの性質についてその抽出に検出次数を用いうることへの可能性を示した. 
(英) Several kinds of network characteristics that end nodes can readily obtain without any privileges have been attracting some researchers as key materials for grasping the structure of the Internet. In this paper, we define one of such network characteristics called the node's "detection degree," which is equivalent to the number of times that monitoring nodes detect the node through the procedures of IP network topology discovery. To investigate whether we can grasp the state of the Internet with the detection degree, we gathered topology information on PlanetLab and analyzed it based on the detection degree. As a result, we found that the detection degree and some characteristics of Internet nodes, such as a node shared among paths from multiple monitoring nodes, could be correlative.
キーワード (和) ネットワーク計測 / IPトポロジ / 検出次数 / / / / /  
(英) network measurement / IP network topology / detection degree / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 120, IA2008-14, pp. 7-12, 2008年7月.
資料番号 IA2008-14 
発行日 2008-07-02 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2008-14

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2008-07-09 - 2008-07-09 
開催地(和) 品川インターシティ(午前)、THE GRAND HALL(午後) 
開催地(英) Shinagawa Inter-City (mornign), The Grand Hall (afternoon) 
テーマ(和) インターネット運用・管理技術、一般 (JANOG併催) 
テーマ(英) Operation and Management Technology in the Internet, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2008-07-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エンドノードからのIPトポロジ探索におけるノード検出回数に基づくトポロジ特性の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Topology Inference from End Systems: An Analysis Based on the Detection Degree 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワーク計測 / network measurement  
キーワード(2)(和/英) IPトポロジ / IP network topology  
キーワード(3)(和/英) 検出次数 / detection degree  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 益井 賢次 / Kenji Masui / マスイ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 門林 雄基 / Youki Kadobayashi / カドバヤシ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-09 09:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2008-14 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2008-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会