電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-09 13:30
[パネル討論]OANによる新しい運用管理の現状と方向性
黒崎芳行樋口秀光飯島智之新 義文木村浩康木谷 誠アラクサラネットワークスIA2008-23
抄録 (和) IETFで標準化されたNETCONFを実際の機器に適用し,soap/xmlによる新しいネットワーク管理を実現しているOAN(Open Autonomic Networking).OANは単にNETCONFを実装したという事だけではなく,ストレージやサーバといったICTシステム全体を高度化・自動化を目的とした考え方であり,共通技術であるWeb技術によりネットワーク機器の制御を行う物である.OANにより,ICTシステムを構成する要素が増大しても,また機能を実現するコマンド等が変更されても,Web技術,オブジェクトベースでの管理モデル,等により管理の容易性を向上させ,ICTシステム自身の安定稼動・自動運用を実現出来る基盤の構築が実現できた. 
(英) OAN (Open Autonomic Networking); it implements NETCONF, which is standardized at IETF, on network devices and realizes new network management based on SOAP/XML. OAN is a concept not only to implements NETCONF but to advance and automatize the whole ICT system including storages and servers; it controls network devices according to the Web technology, which became a fundamental technology of the ICT system.
By using the Web technology and object-based management models, OAN increases easiness of the operation and management even if the number of entity in the ICT system increases or even if ommand lines, which are used to realize functions, are changed. OAN achieves construction of the
platform that enables stable running and autonomic operation of the ICT system.
キーワード (和) NETCONF / soap / xml / ネットワーク管理 / Java / ICT / 自動化 /  
(英) NETCONF / soap / xml / network management / Java / ICT / Automation /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 120, IA2008-23, pp. 59-64, 2008年7月.
資料番号 IA2008-23 
発行日 2008-07-02 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2008-23

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2008-07-09 - 2008-07-09 
開催地(和) 品川インターシティ(午前)、THE GRAND HALL(午後) 
開催地(英) Shinagawa Inter-City (mornign), The Grand Hall (afternoon) 
テーマ(和) インターネット運用・管理技術、一般 (JANOG併催) 
テーマ(英) Operation and Management Technology in the Internet, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2008-07-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OANによる新しい運用管理の現状と方向性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) New operation & management concept "OAN" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NETCONF / NETCONF  
キーワード(2)(和/英) soap / soap  
キーワード(3)(和/英) xml / xml  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク管理 / network management  
キーワード(5)(和/英) Java / Java  
キーワード(6)(和/英) ICT / ICT  
キーワード(7)(和/英) 自動化 / Automation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒崎 芳行 / Yoshiyuki Kurosaki / クロサキ ヨシユキ
第1著者 所属(和/英) アラクサラネットワークス(株) (略称: アラクサラネットワークス)
Alaxala Networks Corp (略称: Alaxala)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 秀光 / Hidemitsu Higuchi / ヒグチ ヒデミツ
第2著者 所属(和/英) アラクサラネットワークス(株) (略称: アラクサラネットワークス)
Alaxala Networks Corp (略称: Alaxala)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯島 智之 / Tomoyuki Iijima / イイジマ トモユキ
第3著者 所属(和/英) アラクサラネットワークス(株) (略称: アラクサラネットワークス)
Alaxala Networks Corp (略称: Alaxala)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 新 義文 / Yoshifumi Atarashi / アタラシ ヨシフミ
第4著者 所属(和/英) アラクサラネットワークス(株) (略称: アラクサラネットワークス)
Alaxala Networks Corp (略称: Alaxala)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 浩康 / Hiroyasu Kimura / キムラ ヒロヤス
第5著者 所属(和/英) アラクサラネットワークス(株) (略称: アラクサラネットワークス)
Alaxala Networks Corp (略称: Alaxala)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 木谷 誠 / Makoto Kitani / キタニ マコト
第6著者 所属(和/英) アラクサラネットワークス(株) (略称: アラクサラネットワークス)
Alaxala Networks Corp (略称: Alaxala)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-09 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2008-23 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2008-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会