電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-09 11:20
WDMネットワークにおけるホップ数に応じて波長変換を行う光パス設定方式の提案と性能評価
齊田哲也工学院大)・永井慎介NEC通信システム)・伊藤 潤山口実靖淺谷耕一工学院大IA2008-19
抄録 (和) 波長変換器を用いたWDMネットワークでは,波長を変換し光パス設定を行うため,同一波長を確保するリンク数が少なくなり,棄却率低減が見込める.しかし,波長変換器は高価でありすべてノードが装備することはコスト面において困難である.本研究では少ない波長変換器数で従来手法と同等の棄却率を実現することを目的とする.そして,送信先までのホップ数に閾値を設け,閾値以上の要求に対して波長変換を行う光パス設定を行う手法を提案する.性能評価によって提案手法は従来方式と比べ,少ない波長変換器数で同等の性能が実現可能であることが確認された. 
(英) In WDM(Wavelength Division Multiplexing) networks, blocking probability becomes higher as number of hops to destination increases because the same wavelength has to receive on all links. Blocking probability can get lower by using wavelength converter. However, it is difficult to equipment wavelength converter to all nodes due to too expensive. In this paper, we proposed a new optical wavelength path establishment method with wavelength converter based on number of hops. We set threshold to number of hops to destination. Our basic idea is to select a route via wavelength converter request more than threshold. Our methods is to achieve lower blocking probability and fewer number of wavelength converters by applying our algorithm for request more than threshold. In our simulation, we showed our method is low blocking probability and fewer number of wavelength converter than any other existing methods.
キーワード (和) WDM / 波長変換器 / / / / / /  
(英) WDM / Wavelength Converter / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 120, IA2008-19, pp. 37-42, 2008年7月.
資料番号 IA2008-19 
発行日 2008-07-02 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2008-19

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2008-07-09 - 2008-07-09 
開催地(和) 品川インターシティ(午前)、THE GRAND HALL(午後) 
開催地(英) Shinagawa Inter-City (mornign), The Grand Hall (afternoon) 
テーマ(和) インターネット運用・管理技術、一般 (JANOG併催) 
テーマ(英) Operation and Management Technology in the Internet, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2008-07-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WDMネットワークにおけるホップ数に応じて波長変換を行う光パス設定方式の提案と性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A New Optical Wavelength Path Establishment Method with Wavelength Converter based on Number of Hops in WDM Networks and Its Performance Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WDM / WDM  
キーワード(2)(和/英) 波長変換器 / Wavelength Converter  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊田 哲也 / Tetsuya Saita / サイタ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 慎介 / Shinsuke Nagai / ナガイ シンスケ
第2著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems,Ltd. (略称: NEC Communication Systems, Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 潤 / Jun Ito / イトウ ジュン
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 実靖 / Saneyasu Yamaguchi / ヤマグチ サネヤス
第4著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺谷 耕一 / Koichi Asatani / アサタニ コウイチ
第5著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-09 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2008-19 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2008-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会