電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-09 11:40
アドレス自動割付も同時に行う階層化QoSルーティングプロトコルの考察
藤川賢治NICT)・大平健司京大)・太田昌孝東工大IA2008-20
抄録 (和) 本稿では、階層化 QoS ルーティングプロトコルである HQLIP にアドレス自動
割付機構を統合する手法について検討を行う。次世代ネットワークの更に先に
来る新世代のネットワークに於いては、あらゆる機器がネットワークに接続さ
れ、QoS保証通信やマルチキャスト通信、ペタビット級の通信が必要になると考
えられる。HQLIP が提供するルーティング機構により、QoS 保証及びマルチキャ
スト機能を提供しつつ、また本稿で提案するアドレス自動割付機構により、管
理者の手を煩わせることなく、リナンバリングやマルチホームに対応出来るよ
うになる。 
(英) This paper discusses methods of integrating hierarchical QoS routing
protocol HQLIP with automatic address allocation. In the new
generation network, which comes after the next generation network, it
is guessed that every appliance is connected to networks, and
QoS-guaranteed communication, multicast communication, and peta-bit
class communication are required. HQLIP provides the QoS guarantee
and multicast mechanisms, and the automatic address allocation
proposed in this paper achieves renumbering and multihoming without
bothering the network managers.
キーワード (和) 新世代ネットワーク / HQLIP / QoS情報の集約 / アドレス自動割付 / リナンバリング / マルチホーム / /  
(英) New Generation Network / HQLIP / Aggregation of QoS Information / Automatic Address Allocation / Renumbering / Multihoming / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 120, IA2008-20, pp. 43-48, 2008年7月.
資料番号 IA2008-20 
発行日 2008-07-02 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2008-20

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2008-07-09 - 2008-07-09 
開催地(和) 品川インターシティ(午前)、THE GRAND HALL(午後) 
開催地(英) Shinagawa Inter-City (mornign), The Grand Hall (afternoon) 
テーマ(和) インターネット運用・管理技術、一般 (JANOG併催) 
テーマ(英) Operation and Management Technology in the Internet, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2008-07-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドレス自動割付も同時に行う階層化QoSルーティングプロトコルの考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration of A Hierarchical QoS Routing Protocol Supporting Simultaneous Automatic Address Assignment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 新世代ネットワーク / New Generation Network  
キーワード(2)(和/英) HQLIP / HQLIP  
キーワード(3)(和/英) QoS情報の集約 / Aggregation of QoS Information  
キーワード(4)(和/英) アドレス自動割付 / Automatic Address Allocation  
キーワード(5)(和/英) リナンバリング / Renumbering  
キーワード(6)(和/英) マルチホーム / Multihoming  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 賢治 / Kenji Fujikawa / フジカワ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 健司 / Kenji Ohira / オオヒラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 昌孝 / Masataka Ohta / オオタ マサタカ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-09 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2008-20 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2008-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会