電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-27 13:50
Avoidance of Numerical Unstability in Exact Unconditional ML Estimation of DOA
Haihua ChenMasakiyo SuzukiKitami Inst. of Tech.CAS2008-29 VLD2008-42 SIP2008-63
抄録 (和) 本論文では,センサアレイを用いる方位推定について,確率信号モデルに基づく最大尤度方位推定法(Unconditional Maximum Likelihood estimation, UML推定) の数値的不安性の解消を考察する.はじめに,厳密な UML 推定の定義を示し,その伝統的な解法としてAMアルゴリズムを述べる.
UML方位推定の評価基準は,信号部分空間の正規直交基底と雑音部分空間の正規直交基底を用いて定式化される.
複数の方位パラメータが同一値を持つとき,信号部分空間の次元が低下する. すなわち,パラメータ空間内の二つの部分空間の変化は,
複数の方位パラメータが同一値を持つ点において不連続である. これに起因して,複数の方位パラメータが同一値に収束しようとする時,
二つの部分空間の正規直行基底を算出する計算に数値的不安定性が発生する.本論文では,方位パラメータの変化に対する雑音部分空間の変化における
不連続性を除去することにより,UML方位推定における数値的不安定性を解消する方法を提案する. 
(英) This paper addresses the issue of numerical unstability
in Unconditional Maximum Likelihood (UML) estimation
of Directions-of-Arrival (DOA) finding. First we show brief description of the definition of the exact UML estimation and
the conventional method solving it,
Alternating Minimization (AM) method.
The exact UML criterion is formulated by using orthonormal bases of the signal and noise subspaces. When more than one directional parameters
have an identical value, the dimension of the signal subspace decreases. In other words, in the parameter space the change of each subspace is discontinuous at the points
that more than one parameters have the identical value. As a result, when more than one directional parameters converge to an
identical value, the calculation of the bases of these two subspaces becomes numerically unstable. In this paper, we propose a technique which
eliminates the discontinuance with respect to the change of the noise subspace to make the UML estimation numerically stable. Finally,
simulation results are also shown to demonstrate the validity of the proposed technique.
キーワード (和) 方位推定 / 確率信号モデル / 最大尤度法 / 数値的不安定性 / 射影部分空間の不連続性 / / /  
(英) DOA finding / Stochastic signal model / ML / Numerical unstability / Discontinuance of subspace / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 109, SIP2008-63, pp. 61-66, 2008年6月.
資料番号 SIP2008-63 
発行日 2008-06-20 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2008-29 VLD2008-42 SIP2008-63

研究会情報
研究会 VLD CAS SIP  
開催期間 2008-06-26 - 2008-06-27 
開催地(和) 北海道大学 高等教育機能開発センター 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 信号処理、LSI、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2008-06-VLD-CAS-SIP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Avoidance of Numerical Unstability in Exact Unconditional ML Estimation of DOA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 方位推定 / DOA finding  
キーワード(2)(和/英) 確率信号モデル / Stochastic signal model  
キーワード(3)(和/英) 最大尤度法 / ML  
キーワード(4)(和/英) 数値的不安定性 / Numerical unstability  
キーワード(5)(和/英) 射影部分空間の不連続性 / Discontinuance of subspace  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 海華 / Haihua Chen / チェン ハイフア
第1著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 正清 / Masakiyo Suzuki / スズキ マサキヨ
第2著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-27 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2008-29,IEICE-VLD2008-42,IEICE-SIP2008-63 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.105(CAS), no.107(VLD), no.109(SIP) 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2008-06-20,IEICE-VLD-2008-06-20,IEICE-SIP-2008-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会