お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-27 11:00
頭部影領域のHRTFの特性が定位に及ぼす影響に関する基礎的検討
小玉亮介渡邉貫治佐藤宗純高根昭一安倍幸治秋田県立大EA2008-29
抄録 (和) 測定されたHRTFは,音源に対して頭部の影となる側の耳(影領域)では頭部や耳介による反射や回折の影響で,音源側に比べて周波数特性が複雑になる.一方,聴覚が,その複雑な周波数特性をすべて利用しているとは考えられない.本稿では,影領域のHRTFの特性を,両耳間レベル差を保った上で,ある周波数より高域の周波数特性を平坦にして方向定位実験を行い,定位に及ぼす影響を検討した.実験の結果,定位誤差や前後誤りに対して,精度低下による有意差はみられなかった. 
(英) The frequency characteristics of the contralateral HRTFs are generally
complex due to reflection and diffraction around the external ear, head
and torso. On the contrary, it is considered that the contribution of
those complexities for localization is small in binaural listening. In
this paper, the effect of the accuracy
of the contralateral HRTFs was investigated by using the contralateral
HRTFs with thier high frequency region degraded.
The results of localization test showed that the difference for
localization accuracy among the conditions of degradation was insignificant.
キーワード (和) 頭部伝達関数 / 影領域 / / / / / /  
(英) HRTF / the contralateral side / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 115, EA2008-29, pp. 19-24, 2008年6月.
資料番号 EA2008-29 
発行日 2008-06-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-29

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2008-06-27 - 2008-06-27 
開催地(和) 秋田県立大学 
開催地(英) Akita Prefectural University 
テーマ(和) 立体音響/音楽音響/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 頭部影領域のHRTFの特性が定位に及ぼす影響に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A fundamental investigation on an effect of HRTFs on the contralateral side in localization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 頭部伝達関数 / HRTF  
キーワード(2)(和/英) 影領域 / the contralateral side  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小玉 亮介 / Ryosuke Kodama / コダマ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 貫治 / Kanji Watanabe / ワタナベ カンジ
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 宗純 / Sojun Sato / サトウ ソウジュン
第3著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高根 昭一 / Shouichi Takane / タカネ ショウイチ
第4著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安倍 幸治 / Koji Abe / アベ コウジ
第5著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-27 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-29 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.115 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2008-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会