お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-27 13:40
弦を用いたチューナブルフィルタとその応用可能性について
竹内康人鹿児島大EA2008-32
抄録 (和) あらまし: エレクトロメカニカルフィルタという概念は電子通信工学の領域では古来より連綿とした開拓また応用の歴史があり、ディジタル信号処理が本流となったかと思われる当節においてもその下支えとなるアナログ世界における非常に重要な役者である事は論を待たない。これまでに採用されて来た共振ないし共鳴の要素としてのデバイス動作原理には、バルク波、表面波、片持ちあるいは両端支えの梁、キノコ構造やシンバル構造も含むマス・スプリングモード、等々多彩であった。しかしながら弦を駒で支えた構造の応用例が、さらには弦の張力を変えてこれを可同調構成とした例が、見当たらないようである。本研究においてはPZTの小さな板を駒に組み込み、これにより弦の振動との信号授受を試みた所、弦のフィルタ要素としての性質が大略明らかになり、また実用化のために解決しなければならない課題も明らかになったので、その概要を報告する。 
(英) Abstract: A mechanically tunable filter using string as resonant member is proposed, together with first aid feasibility study with experiment. Result shows that the expected property of resonant string is clearly seen, however, coupling to the same is a issue to be solved in future.
キーワード (和) / フィルタ / 同調 / / 結合度 / / /  
(英) String / Fukter / Tuninh / Bridge / Coupling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 115, EA2008-32, pp. 37-40, 2008年6月.
資料番号 EA2008-32 
発行日 2008-06-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-32

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2008-06-27 - 2008-06-27 
開催地(和) 秋田県立大学 
開催地(英) Akita Prefectural University 
テーマ(和) 立体音響/音楽音響/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 弦を用いたチューナブルフィルタとその応用可能性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / String  
キーワード(2)(和/英) フィルタ / Fukter  
キーワード(3)(和/英) 同調 / Tuninh  
キーワード(4)(和/英) / Bridge  
キーワード(5)(和/英) 結合度 / Coupling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 康人 / Yasuhito Takeuchi /
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-27 13:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-32 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.115 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2008-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会