電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-27 10:55
複数のノイズ源と大脳皮質の同時電流推定によるMEGアーチファクト除去
森重健一富山県立大)・川脇 大吉岡 琢佐藤雅昭川人光男ATR
抄録 (和) 心拍や眼球運動,筋活動に起因する磁場は脳活動を反映した磁場に比べて極めて大きく,本来計測したい脳活動の信号を歪めてしまう.そのため,実験タスクに関連した脳活動を計測するためには,ノイズ源に起因する磁場の影響を適切に取り除く必要がある.本稿では,階層ベイズ推定を用いて,雑音源と脳活動の振舞いを同時に予測し,その影響を実データから差し引くことによって,データをクリーニングすることを試みた.その結果,適切な事前分散を設定することで,センサレベルでのアーチファクト除去に有効であることを示す.さらに,推定電流レベルでも適切にアーチファクト除去が行われている可能性を示す. 
(英) While measuring magnetoencephalographic (MEG) signals, these are corrupted by large magnetic artifacts, such as cardiac, eye movements, and muscle activities. Since these artifacts are extremely large compared to the signal from the brain, it is essential to remove the effect of artifacts properly. This report proposes a method to identity the magnetic artifacts and remove them using Hierarchical Bayesian estimation. By using proper prior information, we show that this method can estimate current of artifacts and cortical activities, and correct multiple magnetic artifacts. Additionally, our results indicated that our method improves the estimation of cortical current.
キーワード (和) 脳磁図 / 階層ベイズ推定 / アーチファクト除去 / / / / /  
(英) MEG / Hierarchical Bayesian estimation / artifact removal / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 101, NC2008-19, pp. 41-46, 2008年6月.
資料番号 NC2008-19 
発行日 2008-06-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2008-06-26 - 2008-06-27 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) University of the Ryukyus 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング・生命現象の非線形性,一般 
テーマ(英) Machine Learning Approach to Biodata Mining and Nonlinearity in Biological Phenomena, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2008-06-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数のノイズ源と大脳皮質の同時電流推定によるMEGアーチファクト除去 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MEG denoising using simultaneous current estimation of artifacts and cortical activities 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳磁図 / MEG  
キーワード(2)(和/英) 階層ベイズ推定 / Hierarchical Bayesian estimation  
キーワード(3)(和/英) アーチファクト除去 / artifact removal  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森重 健一 / Ken-ichi Morishige / モリシゲ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 富山県立大学 (略称: 富山県立大)
Toyama Prefectural University (略称: Toyama Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川脇 大 / Dai Kawawaki / カワワキ ダイ
第2著者 所属(和/英) ATR脳情報研究所 (略称: ATR)
Computational Neuroscience Laboratories, ATR (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 琢 / Taku Yoshioka / ヨシオカ タク
第3著者 所属(和/英) ATR脳情報研究所 (略称: ATR)
Computational Neuroscience Laboratories, ATR (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 雅昭 / Masa-aki Sato / サトウ マサアキ
第4著者 所属(和/英) ATR脳情報研究所 (略称: ATR)
Computational Neuroscience Laboratories, ATR (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川人 光男 / Mitsuo Kawato / カワト ミツオ
第5著者 所属(和/英) ATR脳情報研究所 (略称: ATR)
Computational Neuroscience Laboratories, ATR (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-27 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2008-19 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2008-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会