お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-27 12:40
アコースティックギター弾弦情報の計測および演奏・試聴システムの構築
徳弘一路神奈川工科大)・高澤嘉光未来テクノ)・山家清彦ソナリサーチEA2008-30
抄録 (和) 種々のギター奏法に対して弦振動がブリッジに与える力を計測できる2次元ピックアップを開発し,2次元ピックアップを6個搭載したMIDIギターを製作し,ギタリストの弾弦情報を計測できることを以前に報告した.今回,人工指を用いて再現性のある2次元ピックアップを搭載したギター弾弦装置を製作した.そして,計測したギター弦がブリッジを押す力を用いて,裏板を取外して力木の自由な脱着が可能に改造したアコースティックギターのブリッジを直接駆動するギター演奏システムを製作した.さらに,残響時間変更可能な視聴実験室を製作し,ギター演奏システムの出力音を計測し,音響分析した. 
(英) The sound output from the audiovisual apparatus is inferior compared with the live performance. Information of music that the guitarist gave to the string can be measured by the 2 Dimensional Pickup devices we manufactured. Using the plucking information of guitar strings, we designed and constructed the Acoustic Guitar Playing System which can vibrate directly the bridge on the sound board of the guitar and can make guitar sound using the amplified power with the measured information of the 2 Dimensional Pickups. To make a comparison with the sound between our Acoustic Guitar Playing System and the same acoustic guitar itself, we experimented with the aid of the sweep sound, the theoretical guitar synthesized sound and the flamenco music sound. The result of comparisons is that the sound of the Acoustic Guitar Playing System was superior in the low frequency range, but inferior in the high frequency range.
キーワード (和) アコースティックギター / 2次元ピックアップ / 弾弦情報 / 演奏システム / 計測 / / /  
(英) Acoustic Guitar / 2 Dimensional Pickup / Plucking Information / Playing System / Measurment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 115, EA2008-30, pp. 25-30, 2008年6月.
資料番号 EA2008-30 
発行日 2008-06-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-30

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2008-06-27 - 2008-06-27 
開催地(和) 秋田県立大学 
開催地(英) Akita Prefectural University 
テーマ(和) 立体音響/音楽音響/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アコースティックギター弾弦情報の計測および演奏・試聴システムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acoustic Guitar Playing and Listening System with Measured Plucking Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アコースティックギター / Acoustic Guitar  
キーワード(2)(和/英) 2次元ピックアップ / 2 Dimensional Pickup  
キーワード(3)(和/英) 弾弦情報 / Plucking Information  
キーワード(4)(和/英) 演奏システム / Playing System  
キーワード(5)(和/英) 計測 / Measurment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳弘 一路 / Ichiro Tokuhiro / トクヒロ イチロ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: KAIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高澤 嘉光 / Yoshimitsu Takazawa / タカサワ ヨシミツ
第2著者 所属(和/英) 未来テクノ (略称: 未来テクノ)
MiraiTechno (略称: MiraiTechno)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山家 清彦 / Kiyohiko Yamaya / ヤマヤ キヨヒコ
第3著者 所属(和/英) ソナリサーチ (略称: ソナリサーチ)
Sonar Research (略称: Sonar Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-27 12:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-30 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.115 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2008-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会