お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-27 15:05
線形位相コサイン変調フィルタバンクの新しい性質 ~ 双対木ウェーブレット変換,多方向選択性,シフト不変性 ~
京地清介池原雅章慶大CAS2008-32 VLD2008-45 SIP2008-66
抄録 (和) 本論文では,線形位相コサイン変調フィルタバンクの新しい性質を示す.良く知られた線形位相コサイン変調フィルタバンクの特徴として,プロトタイプフィルタの変調のみでフィルタバンクが実現できるという設計の簡単さと,線形位相性を有することが挙げられる.これに加え,線形位相コサイン変調フィルタバンクは1) 双対木ウェーブレット変換であるとみなすことができ,2) 多方向選択性を有し,3) 非最大間引きコサイン変調フィルタバンクの場合にはシフト不変性を有する性質を持つ.従って,線形位相コサイン変調フィルタバンクは線形位相性を満たす双対木ウェーブレット変換の有効な設計を与えることが可能となる.本論文では3 つの新たな性質を理論的な解析及びシミュレーションによって示す. 
(英) In this paper, we show novel characteristics of even-stacked cosine-modulated filter banks (ECFBs)which have been proposed by Lin and Vaidyanathan. It is well-known that ECFBs can save their design cost and guarantee the linear phase property. In addition to these attractive features, we add three unknown features.First, ECFBs can be regarded as M-band dual-tree wavelet transform (MDTWT) which has proposed recently.
Second, ECFBs have rich directional selectivity. Third, ECFBs with oversampling ratio of 2 provide shift-invariantMDTWTs which assure the shift-invariance at any decomposition levels. Therefore, ECFBs can provide an efficient design method for the MDTWT with linear phase, rich directional selectivity, and shift-invariance. In this paper, we verify these facts by theoretical analysis and simulations.
キーワード (和) 双対木ウェーブレット変換 / 線形位相コサイン変調フィルタバンク / 方向選択性 / シフト不変性 / / / /  
(英) M-band dual-tree wavelet transform / even-stacked cosine-modulated filter bank / directionality / shift-invariant / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 109, SIP2008-66, pp. 79-84, 2008年6月.
資料番号 SIP2008-66 
発行日 2008-06-20 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2008-32 VLD2008-45 SIP2008-66

研究会情報
研究会 VLD CAS SIP  
開催期間 2008-06-26 - 2008-06-27 
開催地(和) 北海道大学 高等教育機能開発センター 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 信号処理、LSI、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2008-06-VLD-CAS-SIP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 線形位相コサイン変調フィルタバンクの新しい性質 
サブタイトル(和) 双対木ウェーブレット変換,多方向選択性,シフト不変性 
タイトル(英) Novel Characteristics of Even-Stacked Cosine-Modulated Filter Banks 
サブタイトル(英) Alternative M-band Dual-Tree Wavelet Transform, Directionality, Shift-Invariance 
キーワード(1)(和/英) 双対木ウェーブレット変換 / M-band dual-tree wavelet transform  
キーワード(2)(和/英) 線形位相コサイン変調フィルタバンク / even-stacked cosine-modulated filter bank  
キーワード(3)(和/英) 方向選択性 / directionality  
キーワード(4)(和/英) シフト不変性 / shift-invariant  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 京地 清介 / Seisuke Kyochi / キョウチ セイスケ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池原 雅章 / Masaaki Ikehara /
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-27 15:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2008-32,IEICE-VLD2008-45,IEICE-SIP2008-66 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.105(CAS), no.107(VLD), no.109(SIP) 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2008-06-20,IEICE-VLD-2008-06-20,IEICE-SIP-2008-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会