お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-27 16:00
スピーカアレイを用いたコンサート用音場制御装置の試作
林 聖悟丹野智陽武蔵工大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2008-36
抄録 (和) ライブコンサートで用いるための24チャンネルスピーカアレイシステムを試作し,実際に音場の制御を行った.可変遅延回路と,ハードウェアとソフトウェア間の通信回路をFPGAに実装し,全ての遅延時間データをあらかじめソフトウェアで計算しFPGAの外部メモリに格納しておく.そしてコントロールソフトウェアから簡単な命令を送信するだけで,1 ms以内で遅延制御ができることを実証した.またサウンドフォーカスを形成したときの音圧分布測定を行い,実用機の開発に向けた検討を行った. 
(英) We developed an effector which used a 24-channel loudspeaker array and could be controlled sound field spatially in live concerts. The system was designed to realize a change of the sound field within 1 ms. The variable delay circuits and the communication circuit between the hardware and the control computer are implemented on the FPGAs. All of the delay data which are calculated in advance are stored in the memories of the FPGA and only the simple command is sent from the control computer.
キーワード (和) スピーカアレイ / 音場制御 / エフェクタ / FPGA / 遅延制御 / / /  
(英) loudspeaker array / sound field control / effector / FPGA / delay control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 115, EA2008-36, pp. 57-62, 2008年6月.
資料番号 EA2008-36 
発行日 2008-06-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-36

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2008-06-27 - 2008-06-27 
開催地(和) 秋田県立大学 
開催地(英) Akita Prefectural University 
テーマ(和) 立体音響/音楽音響/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スピーカアレイを用いたコンサート用音場制御装置の試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A prototype system of sound field effecter for live concert by using a loud speaker array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スピーカアレイ / loudspeaker array  
キーワード(2)(和/英) 音場制御 / sound field control  
キーワード(3)(和/英) エフェクタ / effector  
キーワード(4)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(5)(和/英) 遅延制御 / delay control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 聖悟 / Seigo Hayashi / ハヤシ セイゴ
第1著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Instiute of Technology (略称: MI-TECH)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丹野 智陽 / Tomoaki Tanno / タンノ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Instiute of Technology (略称: MI-TECH)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 蘆原 郁 / Kaoru Ashihara /
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 桐生 昭吾 / Shogo Kiryu / キリュウ ショウゴ
第4著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Instiute of Technology (略称: MI-TECH)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-27 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-36 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.115 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2008-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会