お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-26 13:00
ETS-VIII搭載技術データ取得装置(TEDA)の開発およびデータ評価
古賀清一小原隆博JAXASANE2008-17
抄録 (和) ETS-?は、2006年12月18日に打ち上げられた。この衛星に技術データ取得装置(TEDA)が搭載されている。TEDAは、磁力計(MAM)、帯電モニタ(POM)、積算吸収線量計(DOS)、シングルイベントモニタ(SUM)で構成されている。
TEDAは、2006年12月28日にチェックアウトを終了し、直ちに観測モードに移行した。特に磁力計に関しては、宇宙環境情報システム(SEES)においてリアルタイムのグラフ公開を開始した。
このTEDAに関し、開発成果および初期データ評価を中心に報告を行う。 
(英) Technical Data Acquisition Equipment (TEDA) is installed in ETS-? to measure the space environment which causes the effect to the satellite such as discharge caused by charging, single event upset and radiation damage of device. TEDA is consist of magnetometer (MAM), total dose monitor (DOS), potential monitor (POM) and single event upset monitor (SUM). TEDA was successfully checkout on 28 December, 2006. Immediately right after this, TEDA was into the state of continuous measurement mode. About the data of MAM, the graph based real-time data was open to public on our WWW site called SEES (Space Environment and Effects System). We will report the development and first measurement result of TEDA.
キーワード (和) ETS-VIII / TEDA / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 100, SANE2008-17, pp. 23-26, 2008年6月.
資料番号 SANE2008-17 
発行日 2008-06-19 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2008-17

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2008-06-26 - 2008-06-27 
開催地(和) JAXA筑波宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center (JAXA) 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム 
テーマ(英) Space applications symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2008-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ETS-VIII搭載技術データ取得装置(TEDA)の開発およびデータ評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Measurement Result of Technical Data Acquisition Equipment(TEDA) onboad ETS-VIII 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ETS-VIII /  
キーワード(2)(和/英) TEDA /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 清一 / Kiyokazu Koga / コガ キヨカズ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 隆博 / Takahiro Obara / オバラ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-26 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2008-17 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.100 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2008-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会