お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-16 11:00
非定常な木情報源に対応する文脈木重みづけ法に関する研究
井 智弘畑埜晃平坂内英夫竹田正幸九大COMP2008-17
抄録 (和) 近年,大量で不均質なデータを圧縮するために,非定常な情報源に対して高い圧縮率を達成する圧縮アルゴリズムが求められている.Willemsらによって提案された文脈木重みづけ(CTW)法は性能の良いユニバーサル符号の一つである.しかし,CTW法はそれまで読み込んだ全ての文字列を学習データとして次の文字の確率分布を予測し圧縮を行うため,木情報源が変化すると古い学習データが圧縮性能に悪影響を及ぼしてしまう.そこで,固定幅ウィンドウを導入し,学習データを常に最新の$B$個に限定するようにした手法が,有限窓文脈木重みづけ(FWCTW)法である.FWCTW法は古い学習データを忘れることで木情報源の変化に対応することができるが,最適なウィンドウサイズ$B$を事前に決定しなければならないという問題がある.そこで,本研究ではこの問題を解決するために,情報源の変化を検知しウィンドウサイズを動的に決定する方法を提案する. 
(英) The Context Tree Weighting Method (CTW) is one of the most effective algorithm in the area of universal data compression. On the other hand, when we apply CTW to the non-stationary source, its compression performance descends due to the harmful effect of past data. The Finite Window Context Tree Weighting Method (FWCTW) avoids this problem by introducing a finite window and discarding stale data. But FWCTW has a problem that we must decide the window size, which is difficult to determine appropriately in advance. In this paper, we propose a method detecting change of the source and adapting the window size automatically.
キーワード (和) 文脈木重みづけ法 / 非定常情報源 / 動的ウィンドウ / 可逆圧縮 / / / /  
(英) Context tree weighting method / non-stationary source / adaptive window / lossless data compression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 89, COMP2008-17, pp. 15-22, 2008年6月.
資料番号 COMP2008-17 
発行日 2008-06-09 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2008-17

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2008-06-16 - 2008-06-16 
開催地(和) 北陸先端科学技術大学院大学 
開催地(英) JAIST 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2008-06-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非定常な木情報源に対応する文脈木重みづけ法に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Context Tree Weighting Algorithm with an Adaptive Window 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 文脈木重みづけ法 / Context tree weighting method  
キーワード(2)(和/英) 非定常情報源 / non-stationary source  
キーワード(3)(和/英) 動的ウィンドウ / adaptive window  
キーワード(4)(和/英) 可逆圧縮 / lossless data compression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井 智弘 / Tomohiro I / イ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑埜 晃平 / Kohei Hatano / ハタノ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂内 英夫 / Hideo Bannai / バンナイ ヒデオ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹田 正幸 / Masayuki Takeda / タケダ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-16 11:00:00 
発表時間 35 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2008-17 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.89 
ページ範囲 pp.15-22 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-COMP-2008-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会