お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-14 16:10
PDAのタッチ画面操作時における操作特性に関する研究
飯崎裕史市丸俊亮山下 淳葛岡英明筑波大ET2008-14
抄録 (和) 著者らは赤外線通信機能とPDAを利用した相互評価システムSounding Boardを開発している。このシステムを実際に教育現場に持ち込んで実験を行ったところ、赤外線通信を行うために最適なPDAの把持角度と、PDAの液晶画面を指やスタイラスで選択するための最適角度とが異なっているため赤外線を用いたデータ通信が上手くいかない生徒がいるという問題があった。この問題を解決するためにPDAを使用する際の把持角度を入力方法別に調査し、平均的な把持角度を測定した。その結果、平均した仰角が30度であることを明らかにした。 
(英) We developed a device named Sounding Board that enables mutual and instant assessment during an activity. We performed an experiment in an elementary school, whose students were able to operate the handheld device without difficulty. However, some technical problems are yet to be resolved, e.g., the trade-off between the viewing and IR receiving angles and the occlusion caused by hand. This problem occurred because the tilt angles to capture IR signals and to look at the screen of the handheld device were different.
In order to solve this problem, we developed a device which can detect tilt angle when a user use a PDA and did some experiment to find suitable angle for pointing some targets displayed on the screen. This experiment revealed to us that average tilt angle is 30 deg.
キーワード (和) PDA / 操作特性 / 相互評価 / 赤外線通信 / / / /  
(英) PDA / Behavioral Characteristic / Mutual Assessment / Infrared Data Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 88, ET2008-14, pp. 51-56, 2008年6月.
資料番号 ET2008-14 
発行日 2008-06-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-14

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-06-14 - 2008-06-14 
開催地(和) 名城大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 協調学習・CSCL/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PDAのタッチ画面操作時における操作特性に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Behavioral Characteristuc of Stylus Operation and Stylus Operation of Small Touch Screen Device 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PDA / PDA  
キーワード(2)(和/英) 操作特性 / Behavioral Characteristic  
キーワード(3)(和/英) 相互評価 / Mutual Assessment  
キーワード(4)(和/英) 赤外線通信 / Infrared Data Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯崎 裕史 / Hiroshi Hansaki / ハンサキ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市丸 俊亮 / Toshiaki Ichimaru / イチマル トシアキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 淳 / Jun Yamashita / ヤマシタ ジュン
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛岡 英明 / Hideaki Kuzuoka / クズオカ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-14 16:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-14 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会