お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-14 13:30
有形媒体による学習者間の接触を可能とした初等教育向けプログラミング成果物交換機能の実現
大東和忠幸高田秀志立命館大ET2008-9
抄録 (和) 近年,初等教育においても論理的思考力の向上や科学的概念の習得などを目的として,Squeak eToysなどを用いたプログラミング授業を実施している学校がある.
しかし,このような授業では,学習に行き詰まりが発生すると途中で投げ出してしまう学習者も見受けられ,学習意欲の維持が問題である.
そこで本稿では,カード型の媒体によって学習者間の接触を可能とすることにより,アイディア交換を支援する初等教育向けプログラミング成果物交換機能を提案する.
また,実際の小学校の授業に適用し,本機能の有用性の評価を行った結果について報告する. 
(英) In these days, some primary schools have programming classes such as Squeak eToys to acquire logical thinking ability and scientific concept.
However, some learners often throw up their study at the programming class, and how to keep their motivation is an important problem.
This paper proposes a function to exchange programming projects using tangible media among students for primary education.
We also report the result of evaluation on the usefulness of this function through conducted verification in primary school.
キーワード (和) 協調学習 / 初等教育 / プログラミング教育 / / / / /  
(英) Collaborative Learning / Primary Education / Programming Education / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 88, ET2008-9, pp. 21-26, 2008年6月.
資料番号 ET2008-9 
発行日 2008-06-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-9

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-06-14 - 2008-06-14 
開催地(和) 名城大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 協調学習・CSCL/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有形媒体による学習者間の接触を可能とした初等教育向けプログラミング成果物交換機能の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Function to Exchange Programming Projects using Tangible Media among Students for Primary Education 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調学習 / Collaborative Learning  
キーワード(2)(和/英) 初等教育 / Primary Education  
キーワード(3)(和/英) プログラミング教育 / Programming Education  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大東和 忠幸 / Tadayuki Otowa / オオトウワ タダユキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 大学院 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 秀志 / Hideyuki Takada / タカダ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 大学院 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-14 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-9 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会