電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-13 09:30
定常-非定常分離フィルタを用いた音声からの突発性雑音除去の一方式
京谷尚樹荒川 薫明大SIS2008-14
抄録 (和) 突発性雑音の除去を目的とした雑音除去法の一方式を提案する.本方式では定常-非定常分離フィルタなる非線形フィルタを用いて,その非定常出力を利用して雑音の位置の検出を行ない,雑音部分に対してのみ時間周波数マスキングを施すことで,音声の劣化を抑えつつ突発性雑音の除去を行う.マスク関数は,音声モデルと雑音モデルから生成される.その際,雑音モデルは学習用雑音を用いて作成されたものを,音声モデルは別に用意した学習用音声と入力音声の非雑音部分の両方を用いて作成されたものを用いる.実際の音声に対する計算機シミュレーションを行い,本方式の有効性を示す. 
(英) Authors propose a method for sudden noise reduction. This method first detects noisy part of the input signal, contaminated with sudden noise, using a nonlinear digital filter, named as a stationary-nonstationary separating filter, and then applies time-frequency domain masking only to the noisy parts in order to reduce the noise with minimum distortion. The voice model and the noise model are required to realize the time-frequency domain masking. The voice model is generated from both of training speech data and the part of the input signal, judged as a clean part without noise by the stationary-nonstationary separating filter. The noise model is generated from training noise data. These two models are used to calculate masking function. Computer simulations verify the high performance of the proposed method.
キーワード (和) 突発性雑音 / 雑音除去 / 時間周波数マスキング / 音声処理 / 定常-非定常分離フィルタ / / /  
(英) sudden noise / noise reduction / time-frequncy domein masking / speech processing / stationary-nonstationary separating filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 86, SIS2008-14, pp. 1-6, 2008年6月.
資料番号 SIS2008-14 
発行日 2008-06-06 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2008-14

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2008-06-12 - 2008-06-13 
開催地(和) 旭川市国際会議場第2&第3会議室(旭川市大雪クリスタルホール内) 
開催地(英)  
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2008-06-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 定常-非定常分離フィルタを用いた音声からの突発性雑音除去の一方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method for Sudden Noise Reduction from Speech Using a Stationary-Nonstationary Separating Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 突発性雑音 / sudden noise  
キーワード(2)(和/英) 雑音除去 / noise reduction  
キーワード(3)(和/英) 時間周波数マスキング / time-frequncy domein masking  
キーワード(4)(和/英) 音声処理 / speech processing  
キーワード(5)(和/英) 定常-非定常分離フィルタ / stationary-nonstationary separating filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 京谷 尚樹 / Kyoya Naoki / ナオキ キョウヤ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 薫 / Kaoru Arakawa / アラカワ カオル
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-13 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2008-14 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2008-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会