電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-13 11:25
顔領域検出に基づくJPEG2000のROI機能を利用したプライバシィ保護の実現
難波 仁小谷周平北浦嘉浩棟安実治関西大SIS2008-19
抄録 (和) 監視カメラを設置する場合,プライバシィ保護を考慮しなくてはならないことがある.本稿では,JPEG2000のROI符号化とテンプレートマッチングに基づく顔領域検出を併用することで,顔の領域が読み取れないように一定の劣化を自動的に与える手法について提案する.提案手法では,顔領域がほぼ楕円であると考えることにより,任意の領域の大きさを持つテンプレートを生成する方法についても提案する.実験結果から,提案手法により画像中の人物の顔を的確に抽出し,その領域の画質を劣化させることにより,プライバシィが保護できることを示す. 
(英) In the use of a surveillance camera, the requirement of privacy protection may be considered. This paper proposes a new privacy protection method by automatically degrading the face region in surveillance images. The proposed method consists of the ROI coding of JPEG2000 and the face detection method based on the template matching. In this paper, we also propose a template generation technique with arbitrary size by using an assumption that the shape of the face region is an ellipse. From the experimental result, we show that the face region in the image can be detected correctly. This fact indicates that the privacy for a man in image can also be protected by degrading this region.
キーワード (和) JPEG2000 / ROI / テンプレートマッチング / 監視カメラ / プライバシィ保護 / / /  
(英) JPEG2000 / ROI / template matching / surveillance camera / privacy protection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 86, SIS2008-19, pp. 27-32, 2008年6月.
資料番号 SIS2008-19 
発行日 2008-06-06 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2008-19

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2008-06-12 - 2008-06-13 
開催地(和) 旭川市国際会議場第2&第3会議室(旭川市大雪クリスタルホール内) 
開催地(英)  
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2008-06-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顔領域検出に基づくJPEG2000のROI機能を利用したプライバシィ保護の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Implementation of Privacy Protection using ROI Coding of JPEG2000 with Face Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) JPEG2000 / JPEG2000  
キーワード(2)(和/英) ROI / ROI  
キーワード(3)(和/英) テンプレートマッチング / template matching  
キーワード(4)(和/英) 監視カメラ / surveillance camera  
キーワード(5)(和/英) プライバシィ保護 / privacy protection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 仁 / Hitoshi Namba / ナンバ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小谷 周平 / Syuhei Odani / オダニ シュウヘイ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北浦 嘉浩 / Yoshihiro Kitaura / キタウラ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-13 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2008-19 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2008-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会