電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-12 10:00
ファジィクラスタリングに基づく多音源立体音像定位手法
岡田雅司岩永信之松村友哉尾上孝雄阪大)・小林 亙アーニス・サウンド・テクノロジーズSIS2008-1
抄録 (和) 限られた計算資源を利用し,多音源の立体音像定位を実現する方法として,補
間処理や音源のクラスタリングに基づいた手法が提案されている.しかしなが
ら,これらの方法では組込み用途など定位処理可能な音源数に厳しい制約があ
る場合,音像定位位置のずれや音質の劣化が顕著に現れる.そこで本稿では,
ファジィクラスタリングを用いて補間処理とクラスタリングを同時に行うこと
により,定位処理可能な音源数が少ない場合でも,多音源を扱うことが可能な
方法を提案する.特に,スピーカ位置に対する拘束条件を付加することにより,
クラスタリング結果が実用的なスピーカ配置を出力するよう考慮されている.
ソフトウェアにより演算量評価と主観評価実験を行った結果,組込み実装の可
能性と,本手法の有効性が実証された. 
(英) General 3D sound localization methods for multiple sound sources with
limited computational resources, which are mainly based on
interpolation or sound source clustering, suffer from localization
errors and/or serious quality degradation if the number of
reproducible sound sources is restricted especially in embedded
systems. In this paper, we propose a new method based on fuzzy
clustering, in which interpolation and clustering are executed
simultaneously. Computational cost evaluation and subjective listening
test have been performed to demonstrate the possibility of embedded
implementation and the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 立体音像定位 / 多音源 / ファジィクラスタリング / 頭部伝達関数 / / / /  
(英) sound localization / multiple sound sources / fuzzy clustering / head-related transfer function / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 85, SIS2008-1, pp. 1-6, 2008年6月.
資料番号 SIS2008-1 
発行日 2008-06-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2008-1

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2008-06-12 - 2008-06-13 
開催地(和) 旭川市国際会議場第2&第3会議室(旭川市大雪クリスタルホール内) 
開催地(英)  
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2008-06-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ファジィクラスタリングに基づく多音源立体音像定位手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A 3D Sound Localization Method for Multiple Sound Sources Based on Fuzzy Clustering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体音像定位 / sound localization  
キーワード(2)(和/英) 多音源 / multiple sound sources  
キーワード(3)(和/英) ファジィクラスタリング / fuzzy clustering  
キーワード(4)(和/英) 頭部伝達関数 / head-related transfer function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 雅司 / Masashi Okada / オカダ マサシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩永 信之 / Nobuyuki Iwanaga / イワナガ ノブユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 友哉 / Tomoya Matsumura / マツムラ トモヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 孝雄 / Takao Onoye / オノエ タカオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 亙 / Wataru Kobayashi /
第5著者 所属(和/英) 株式会社アーニス・サウンド・テクノロジーズ (略称: アーニス・サウンド・テクノロジーズ)
ARNIS SOUND TECHNOLOGIES, Co., Ltd. (略称: Arnis Sound Technologies)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-12 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2008-1 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.85 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2008-06-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会