電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-12 13:30
Irreducible Form of AM Criterion for Unconditional ML Estimation of DOA
Haihua ChenMasakiyo SuzukiKitami Inst. of Tech.SIS2008-7
抄録 (和) 本論文では,センサアレイを用いる方位推定について,確率信号モデルに基づく最大尤度方位推定法(Unconditional Maximum Likelihood estimation, UML推定) のためのAMアルゴリズムの数値的不安性の解消を考察する.はじめに,厳密な UML 推定の定義を示し,その伝統的な解法としてAMアルゴリズムを述べる.
UML方位推定において,複数の方位パラメータが一つの値に収束しようとするとき,数値に不安定になる. こねは,複数の方位パラメータが同一値を持つとき,
UML評価基準が不定になることに起因する. 本論文では,UML評価関数を変動パラメータに依存する成分
と依存しない成分に分離して,AM法の効率化を計る. こねをEfficient AM (EAM) 法と称する. EAM法に等間隔直線アレイの条件を付すことにより,EAM法で
用いる評価基準の既約形を導く. 既約な評価基準をもちいるAM法をIrreducible AM (IAM) と称する.
最後に,IAM法によって数値的安定性が確保され,かつアルゴリズムの効率化が計られることをシミュレーションによって示す. 
(英) This paper addresses the issue of numerical unstability of Alternating Minimization (AM) criterion
in Unconditional Maximum Likelihood (UML) estimation
of Directions-of-Arrival (DOA). First we show the definition of the exact UML estimation and brief description of
the AM method to solve the
exact UML estimation.
The AM algorithm becomes numerical unstable, when more than one direction parameters are going to
have an identical value. It is caused by the fact that the UML criterion with duplicated directions is indefinite.
This paper derives efficient AM (EAM) algorithm by dividing the UML criterion into two components. One depends on a signal
variable parameter and the other does not. Then applying the condition of the uniform linear array of sensors, an irreducible
form of the criterion of EAM algorithm is derived. We call it Irreducible AM (IAM) algorithm. Finally,
simulation results are shown to demonstrate that IAM algorithm is numerical stable and efficient.
キーワード (和) 方位推定 / 確率信号モデル / 最大尤度法 / AMアルゴリズム / 数値的不安定性 / 既約形 / /  
(英) DOA finding / Stochastic signal model / ML / AM / Numerical unstability / Irreducible from / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 85, SIS2008-7, pp. 35-40, 2008年6月.
資料番号 SIS2008-7 
発行日 2008-06-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2008-7

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2008-06-12 - 2008-06-13 
開催地(和) 旭川市国際会議場第2&第3会議室(旭川市大雪クリスタルホール内) 
開催地(英)  
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2008-06-SIS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Irreducible Form of AM Criterion for Unconditional ML Estimation of DOA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 方位推定 / DOA finding  
キーワード(2)(和/英) 確率信号モデル / Stochastic signal model  
キーワード(3)(和/英) 最大尤度法 / ML  
キーワード(4)(和/英) AMアルゴリズム / AM  
キーワード(5)(和/英) 数値的不安定性 / Numerical unstability  
キーワード(6)(和/英) 既約形 / Irreducible from  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 海華 / Haihua Chen / チェン ハイフ
第1著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 正清 / Masakiyo Suzuki / スズキ マサキヨ
第2著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-12 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2008-7 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.85 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2008-06-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会