電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-30 13:30
プログラム規模を考慮した2次元ソフトウェア信頼性モデルとその応用
井上真二山田 茂鳥取大
抄録 (和) 本研究では,ソフトウェア複雑性メトリクスの1つであるプログラム規模を考慮した2次元ソフトウェア信頼度成長モデル(SRGM)の構築枠組みについて議論して,当該モデリング枠組みにおける基本的仮定に基づいた種々のソフトウェア信頼性評価尺度の導出や当該枠組みに基づいて構築される2次元SRGMのパラメータ推定手法について議論する.また,本研究では,2次元SRGMに基づくソフトウェア最適リリース問題について議論して,そのある1つの問題に対して最適リリース政策を導出する.最後に,実測データを適用しながら,議論したモデリング枠組みに基づいて構築された2次元SRGMおよび導出した最適リリース政策の適用例を示す. 
(英) This paper discusses a modeling framework for two-dimensional software reliability growth models (SRGMs) with program size which is known as one of the software complexity metrics. And then, we derive several software reliability assessment measures and parameter estimation method for an SRGM developed by following the basic assumptions of our modeling framework. In this paper, we also discuss an optimal software release problem based the two-dimensional SRGM. And we derive an optimal software release policy for a specific optimal software release problem. Finally, we show numerical examples of our model developed under the framework and the derived optimal software release policy by using an actual data.
キーワード (和) ソフトウェア信頼度成長モデル / ソフトウェア信頼度成長要因 / 2次元時間空間 / ソフトウェア複雑性 / 最適リリース問題 / / /  
(英) Software reliability growth model / Software reliability growth factors / Two-dimensional time space / Software complexity / Optimal software release problem / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 72, R2008-9, pp. 1-6, 2008年5月.
資料番号 R2008-9 
発行日 2008-05-23 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2008-05-30 - 2008-05-30 
開催地(和) 神戸学院大学 
開催地(英) Kobe Gakuin Univ. 
テーマ(和) ソフトウェアの信頼性、信頼性理論、信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2008-05-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プログラム規模を考慮した2次元ソフトウェア信頼性モデルとその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Two-Dimensional Software Reliability Model with Program Size and Its Applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア信頼度成長モデル / Software reliability growth model  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア信頼度成長要因 / Software reliability growth factors  
キーワード(3)(和/英) 2次元時間空間 / Two-dimensional time space  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア複雑性 / Software complexity  
キーワード(5)(和/英) 最適リリース問題 / Optimal software release problem  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真二 / Shinji Inoue / イノウエ シンジ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 茂 / Shigeru Yamada / ヤマダ シゲル
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-30 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2008-9 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.72 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2008-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会