電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-30 11:20
メッセージング・ネットワークを用いた環境情報統合
川内見作高橋友一会津大)・福原英之古瀬田 勇藤田龍太郎ネットワンシステムズ)・衣川昌宏Eyes, JAPAN)・宮崎敏明斎藤栴朗林 隆史会津大
抄録 (和) 技術の進歩により様々な情報を人類は取得できるようになった。そして、複数の情報を重ねあわせることにより、より詳しい分析が多角的におこなえるようになった。ところが、多種多様になった情報が増え続け、今では情報爆発と呼ばれる。情報の増加は情報の適切な管理を困難にしている。そこで、情報管理を容易にするために、情報を統合して提供する技術が要求されてきた。個人や団体が情報統合サービスを提供してはいるものの、管理が行き届 かずに古い情報を提供、最悪の場合には情報が存在しない場合がある。主な原因は統合の拡張性がないことや更新の管理が難しいことが挙げられる。本件では、統合システムをメッセージング・ネットワークというオーバーレイネットワーク上に構築した。ネットワークの基盤に統合システムを移すことで、情報が古い場合でも自動的に修正、同一情報を利用者に合わせて自動的に変換するなど情報管理が容易になり、既存の統合システムの問題を改善できた例を紹介する。 
(英) This present paper introduces an approach to construct an sensor-network system using a messaging network. The proposed solution uses a messaging networking, which is a type of overlay networking. The proposed approach can reduce the complexity and the maintenance cost of the system. The proposed system provides a function so called “message mediation.” Message mediation enables the integration of various kinds of sensors to a well-maintained sensor-network system.
キーワード (和) メッセージング・ネットワーク / センサーネット / 環境センサー / live-E! / / / /  
(英) Messaging Network / sensor network / live-E! / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 74, IA2008-5, pp. 23-26, 2008年5月.
資料番号 IA2008-5 
発行日 2008-05-23 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2008-05-30 - 2008-05-30 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) インターネットとエコロジー、一般 
テーマ(英) Internet and Ecology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2008-05-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メッセージング・ネットワークを用いた環境情報統合 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Integration for Environmental Information by using Messaging Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メッセージング・ネットワーク / Messaging Network  
キーワード(2)(和/英) センサーネット / sensor network  
キーワード(3)(和/英) 環境センサー / live-E!  
キーワード(4)(和/英) live-E! /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川内 見作 / Kensaku Kawauchi / カワウチ ケンサク
第1著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: University of Aizu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 友一 / Yuuichi Takahashi / タカハシ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: University of Aizu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福原 英之 / Hideyuki Fukuhara / フクハラ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) ネットワンシステムズ(株) (略称: ネットワンシステムズ)
Net One Systems Co. Ltd. (略称: Net One Systems)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古瀬田 勇 / Isamu Koseda / コセダ イサム
第4著者 所属(和/英) ネットワンシステムズ(株) (略称: ネットワンシステムズ)
Net One Systems Co. Ltd. (略称: Net One Systems)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 龍太郎 / Ryutaroh Fujita / フジタ リュウタロウ
第5著者 所属(和/英) ネットワンシステムズ(株) (略称: ネットワンシステムズ)
Net One Systems Co.Ltd. (略称: Net One Systems)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣川 昌宏 / Masahiro Kinugawa / キヌガワ マサヒロ
第6著者 所属(和/英) (株) Eyes, JAPAN (略称: Eyes, JAPAN)
Eyes, JAPAN, Co. Ltd. (略称: Eyes, JAPAN)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 敏明 / Toshiaki Miyazaki / ミヤザキ トシアキ
第7著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Univ. of Aizu)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 栴朗 / Senro Saito / サイトウ センロウ
第8著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Univ. of Aizu)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 隆史 / Takafumi Hayashi / ハヤシ タカフミ
第9著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Univ. of Aizu)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-30 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2008-5 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IA-2008-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会