お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-29 16:40
Alq3を含む有機EL素子の変位電流特性 ~ ヘテロ界面での正孔蓄積機構および成膜時の光照射効果 ~
野口 裕佐藤直樹田中有弥中山泰生石井久夫千葉大OME2008-31 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2008-31
抄録 (和) 変位電流評価法によりtris-(8-hydroxyquinolate) aluminum (Alq$_3$)を含んだ有機エレクトロルミネッセンス素子の電荷蓄積機構を解析した。4,4$^{\prime}$-bis[N-(1-naphthyl)-N-phenylamino]-biphenyl ($\alpha$-NPD)/Alq$_3$界面の蓄積電荷量は、built-in voltage ($V_{\mathrm{bi}}$)を境界にして二種類に分類できる。すなわち、$V_{\mathrm{bi}}$以下の印加電圧では、$\alpha$-NPD/Alq$_3$界面に存在する負の界面電荷を相殺する量の正孔が蓄積し、$V_{\mathrm{bi}}$以上の印加電圧では接触抵抗を含めた各層の抵抗率の差に応じて蓄積電荷量が決まる。さらに、我々はこの蓄積電荷量は素子作製時の光照射により大きく減少することを見出した。この結果は、$\alpha$-NPD/Alq$_3$界面での電荷蓄積機構にAlq$_3$層の配向分極が強く関わっていることを示唆する。 
(英) We examined the mechanism of charge accumulation in organic light-emitting diodes comprising tris-(8-hydroxyquinolate) aluminum (Alq$_3$) using a displacement current measurement. Depending on the applied biasing voltage, two kinds of accumulation behavior were observed. At the biases lower than the built-in voltage ($V_{\mathrm{bi}}$), the amount of hole accumulated at 4,4$^{\prime}$-bis[N-(1-naphthyl)-N-phenylamino]-biphenyl/Alq$_3$ is dominated by the negative charge at the interface, but at the biases higher than $V_{\mathrm{bi}}$, it is determined by the conductivity of each layer. In addition, we found that light irradiation during the device fabrication significantly reduces the amount of hole accumulated at the interface, suggesting that the orientation polarization in Alq$_3$ film is responsible for the charge accumulation properties.
キーワード (和) 有機EL素子 / 電荷蓄積 / 変位電流評価法 / 界面電荷 / 巨大表面電位 / / /  
(英) organic light-emitting diode / charge accumulation / displacement current masurement / interfacial charge / giant surface potential / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 59, OME2008-31, pp. 55-60, 2008年5月.
資料番号 OME2008-31 
発行日 2008-05-22 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2008-31 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2008-31

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2008-05-29 - 2008-05-29 
開催地(和) 電気倶楽部第3会議室 
開催地(英) Denki-Club, Meeting room 3 
テーマ(和) 有機材料・一般 
テーマ(英) Electronic organic materials 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2008-05-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Alq3を含む有機EL素子の変位電流特性 
サブタイトル(和) ヘテロ界面での正孔蓄積機構および成膜時の光照射効果 
タイトル(英) Displacement current measurement for organic light-emitting diodes containing Alq3; 
サブタイトル(英) Hole accumulation properties at the hetero interface and the effects of light during device fabrication 
キーワード(1)(和/英) 有機EL素子 / organic light-emitting diode  
キーワード(2)(和/英) 電荷蓄積 / charge accumulation  
キーワード(3)(和/英) 変位電流評価法 / displacement current masurement  
キーワード(4)(和/英) 界面電荷 / interfacial charge  
キーワード(5)(和/英) 巨大表面電位 / giant surface potential  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 裕 / Yutaka Noguchi / ノグチ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 直樹 / Naoki Sato / サトウ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 有弥 / Yuya Tanaka / タナカ ユウヤ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 泰生 / Yasuo Nakayama / ナカヤマ ヤスオ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 久夫 / Hisao Ishii / イシイ ヒサオ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-29 16:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2008-31 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.59 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OME-2008-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会