お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-29 11:20
実騒音下における$E\tilde E$法の収束特性とその解析
岩松祐輔藤井建作兵庫県立大)・棟安実治関西大EA2008-8 SIP2008-17
抄録 (和) 学習同定法などに代表される最急降下型の適応アルゴリズムは,入力信号が強い
有色性を示す場合に収束速度が大きく劣化する.この問題に対し,入力信号を予
測器を用いて白色化することで高速化を実現する$EE^\prime$法が提案されている.しかし,$EE^\prime$法はその収束条件に実際に観測することのできない信号が必要となり,ステップサイズを大きくすると動作が不安定になる問題がある.そこで,本報告では$EE^\prime$法の動作を解析し,動作が不安定になる原因が何に起因するのか明らかにする.次いで,その問題を解決する新たなアルゴリズムとして$E\tilde E$法を提案する。さらに、その収束条件を導き、その結果を計算機シミュレーションによって確認する。最後に,その有効性を実際にサンプリングした実騒音を用いて検証する. 
(英) This paper analyzes the performance of $EE^\prime$ method , and from its result, the problem of $ EE^\prime$ Method is shown . Next, we proposed the $E\tilde{E}$ method as a new algorithm that solves the problem, and the convergence condition is derived.Finally, the result verify by the computer simulation.
キーワード (和) EE^\prime$法 / システム同定 / 線形予測分析 / / / / /  
(英) $EE^\prime$ method / System identification / linear prediction analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 68, EA2008-8, pp. 13-18, 2008年5月.
資料番号 EA2008-8 
発行日 2008-05-22 (EA, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2008-8 SIP2008-17

研究会情報
研究会 SIP EA  
開催期間 2008-05-29 - 2008-05-30 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英) Kansai Univ. 
テーマ(和) 音響信号処理/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2008-05-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実騒音下における$E\tilde E$法の収束特性とその解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Convergence condition and analysis of $E\tilde E$ method under the actual noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) EE^\prime$法 / $EE^\prime$ method  
キーワード(2)(和/英) システム同定 / System identification  
キーワード(3)(和/英) 線形予測分析 / linear prediction analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩松 祐輔 / Yusuke Iwamatsu / イワマツ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 建作 / Kensaku Fujii / フジイ ケンサク
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-29 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2008-8,IEICE-SIP2008-17 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.68(EA), no.70(SIP) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2008-05-22,IEICE-SIP-2008-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会