お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-23 13:25
状態遷移確率によるアシスト付自転車でのアシスト比可変の評価
稲田浩明木竜 徹新潟大MBE2008-6
抄録 (和) これまで本研究は,パワーアシストが生体に与える効果について自律神経活動と筋活動の観点から評価してきた.今回は,48名の被験者に対して走行実験を行い,自律神経活動と筋活動でグループ分けした際,アシスト比の増加によって生じるグループ遷移の割合を状態遷移確率で示した.その結果,アシスト比の増加により,自律神経活動の評価指標である呼吸性洞性不整脈(RSA)の低いグループから高いグループへ40%が遷移し,筋疲労が起きたグループから筋疲労を抑えたグループへ26%が遷移した. 
(英) We evaluated the effect of power-assist on physical activity in terms of autonomic nerves activity and muscle activity. We measured objective biosignals (ECG and EMG) and subjective indices during cycling of 48 subjects, and divided them into four groups. Referring to the transition between groups with the state transition probability, 40% of a low respiratory sinus arrhythmia group moved into a high one. Besides, 26% of a muscle fatigue group changed into a non-muscle fatigue group.
キーワード (和) 状態遷移確率 / アシスト付自転車 / 自律神経活動 / 筋活動 / / / /  
(英) state transition probability / power-assisted bicycle / autonomic nervous activity / muscle activity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 52, MBE2008-6, pp. 25-28, 2008年5月.
資料番号 MBE2008-6 
発行日 2008-05-16 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2008-6

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2008-05-23 - 2008-05-23 
開催地(和) 富山大学工学部 
開催地(英) Faculty of Engineering, Toyama University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) Medical Engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2008-05-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 状態遷移確率によるアシスト付自転車でのアシスト比可変の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Variable Assistance Ratios at Power Assisted Bicycles with State Transition Probability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 状態遷移確率 / state transition probability  
キーワード(2)(和/英) アシスト付自転車 / power-assisted bicycle  
キーワード(3)(和/英) 自律神経活動 / autonomic nervous activity  
キーワード(4)(和/英) 筋活動 / muscle activity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲田 浩明 / Hiroaki Inada / イナダ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木竜 徹 / Tohru Kiryu / キリュウ トオル
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-23 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2008-6 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2008-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会