お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-23 13:40
[特別招待講演]日本の教育工学の創成期 ~ 回想と考察 ~
宇都宮敏男東大名誉教授ET2008-2
抄録 (和) 戦後日本の荒廃から立ち直る過程での教育工学の創成の1965年頃を想起し、当時の周辺事情を考察しつつ、連合軍総司令部の支援と、主に電気工学関連の多くの先駆者たちの努力を賞賛した。筆者も一定の貢献をした。ついで現在の教育工学と対比しつつ将来の可能性について筆者の期待を表明する。筆者の歩んできた医用生体工学との概念的類似性にも言及する。 
(英) The education technology in Japan was originated around 1965, about two decades after defeat and ruin of Japan. The General Headquarters of American forces stationed in Japan was generous in helping electrical engineers to reconstruct telephone systems. Many teaching staff of EE was encouraged to organize a nation-wide council for the introduction of new technology in education. The author describes experiences obtained during such period, and some considerations are given.
キーワード (和) 教育技術 / 教育工学 / 工業教育 / 医用生体工学 / 電気工学教官協議会 / CAI学会 / IEEE /  
(英) education technology / engineering education / biomedical engineering / computer assisted instruction / IEEE / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 55, ET2008-2, pp. 7-10, 2008年5月.
資料番号 ET2008-2 
発行日 2008-05-16 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-2

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-05-23 - 2008-05-23 
開催地(和) 東京理科大(神楽坂) 
開催地(英)  
テーマ(和) 教育工学研究の歴史と未来 -40周年記念研究会- 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-05-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本の教育工学の創成期 
サブタイトル(和) 回想と考察 
タイトル(英) EMERGENCE OF EDUCATION TECHNOLOGY IN JAPAN 
サブタイトル(英) A Recollection and its Study 
キーワード(1)(和/英) 教育技術 / education technology  
キーワード(2)(和/英) 教育工学 / engineering education  
キーワード(3)(和/英) 工業教育 / biomedical engineering  
キーワード(4)(和/英) 医用生体工学 / computer assisted instruction  
キーワード(5)(和/英) 電気工学教官協議会 / IEEE  
キーワード(6)(和/英) CAI学会 /  
キーワード(7)(和/英) IEEE /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都宮 敏男 / Toshio Utunomiya / ウツノミヤ トシオ
第1著者 所属(和/英) 東京大学名誉教授・(財)医療機器センター会長 (略称: 東大名誉教授)
Professor Emeritus; University of Tokyo (略称: Professor Emeritus; Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-23 13:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-2 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.55 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2008-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会