お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-23 13:00
[特別招待講演]日本の教育工学研究の原点
坂元 昂東京未来大/日本教育工学振興会/東工大名誉教授ET2008-1
抄録 (和) 1967年11月1日,電子通信学会教育技術研究会が創設されてから40年になる.この間,当研究会は,日本の教育工学研究の発展,振興に大きな貢献をしてきた.とくに,初期の10年ほどの期間は,他に適当な研究成果の発表の場が少なく,1976年の教育工学に関する学術論文誌,「日本教育工学雑誌」の創刊にいたるまで,研究発表の場と報告書の刊行を研究者に提供してきた.その前後の教育工学研究の状況を解説する.
研究会の度に発行される教育技術研究会の予稿集は,一方では,電子情報学会の論文誌,教育心理学,教育学などの学術論文誌,さらには,「視聴覚教育研究」,「放送教育研究」等の専門誌,他方では,市販の教育工学関係の雑誌の間にあって,それらのいずれにも発表の場が見つけにくい,開拓期のしっかりした研究開発内容を持つ研究発表論文の受け皿となっていた.ここから育った多くの研究者が,後の教育工学研究を支え,推進する中核として活躍することとなる. 
(英) It has been 40 years since the establishment of the Technical Group on Educational Technology in the Institute of Electronics and Communication Engineering (IECE) in 1967. During this period, this Technical Group has contributed to the development and promotion of educational technology research in Japan. In particular it has provided the opportunity for presenting and publishing research reports in the early stages of development of educational technology research, because appropriate places for presenting research outcomes were quite scarce during the 10 years prior to the publication of the academic journals for education technology, “Japan Journal of Educational Technology Research” in 1976. This article reviews these developments.
Technical reports at the Meeting of the Technical Group on Educational Technology included research activities in the developing stages of the discipline that were not always suitable for the research journals in the established academic societies nor for commercial magazines. Through this Technical Group many distinguished scholars responsible for developing and promoting educational technology research matured.
キーワード (和) 教育工学 / 教育技術 / 教育機器 / 教育メディア / 授業改善 / / /  
(英) Educational Technology / Instructional Technology / Educational Devices / Educational Media / Teaching Improvement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 55, ET2008-1, pp. 1-5, 2008年5月.
資料番号 ET2008-1 
発行日 2008-05-16 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2008-1

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-05-23 - 2008-05-23 
開催地(和) 東京理科大(神楽坂) 
開催地(英)  
テーマ(和) 教育工学研究の歴史と未来 -40周年記念研究会- 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-05-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本の教育工学研究の原点 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Origin of Educational Technology Research in Japan 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 教育工学 / Educational Technology  
キーワード(2)(和/英) 教育技術 / Instructional Technology  
キーワード(3)(和/英) 教育機器 / Educational Devices  
キーワード(4)(和/英) 教育メディア / Educational Media  
キーワード(5)(和/英) 授業改善 / Teaching Improvement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂元 昂 / Takashi Sakamoto / サカモト タカシ
第1著者 所属(和/英) 東京未来大学/日本教育工学振興会/東京工業大学名誉教授・東京未来大学学長・(社)日本教育工学振興会会長 (略称: 東京未来大/日本教育工学振興会/東工大名誉教授)
Professor Emeritus, Tokyo Institute of Technology (略称: Prof. Emeritus, Tokyo inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-23 13:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2008-1 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.55 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ET-2008-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会