電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-22 15:45
2次元コードと携帯端末を用いた屋内歩行者ナビゲーションシステムの提案
和田崇雅高取祐介八嶋弘幸東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、インターネット接続機能と2次元コード(QRコード)読み取り機能を持った携帯電話であれば機種を問わず、携帯アプリを導入することなく利用可能な屋内歩行者ナビゲーションシステムを提案している。位置情報を付加したURLを埋め込んだ2次元コードを屋内に配置し、これを利用者が携帯電話で読み取り、埋め込まれたURLへアクセスし目的地を設定することで、ウェブベースでの実画像を用いた直感的な経路案内を実現している。本システムの評価実験を行った結果、多くの利用者が目的地に到着でき、本システムの有効性を確認している。 
(英) This paper proposes an intuitive indoor pedestrian navigation system using 2D codes (QR code) and a mobile phone that has internet connecting function and 2D code reader function. Each 2D code have been buried an URL that adds location information. User reads 2D code, obtains URL. Then user accesses the URL and sends location and destination information, he/she is provided an intuitive route guidance that uses the actual image with WWW service. The result of experiment of this system that a lot of users were able to reach his/her destination indicates the effectiveness of this system.
キーワード (和) 2次元コード / QRコード / 歩行者ナビゲーション / 屋内 / 携帯端末 / / /  
(英) 2D-code / QR-code / Pedestrian navigation / Indoor / Mobile phone / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 42, ITS2008-6, pp. 33-38, 2008年5月.
資料番号 ITS2008-6 
発行日 2008-05-15 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS  
開催期間 2008-05-22 - 2008-05-22 
開催地(和) 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) Yokosuka Research Park 
テーマ(和) ITS通信, 一般 
テーマ(英) Communication Systems for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2008-05-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2次元コードと携帯端末を用いた屋内歩行者ナビゲーションシステムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of 2D-code Pedestrian Navigation System with mobile phone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2次元コード / 2D-code  
キーワード(2)(和/英) QRコード / QR-code  
キーワード(3)(和/英) 歩行者ナビゲーション / Pedestrian navigation  
キーワード(4)(和/英) 屋内 / Indoor  
キーワード(5)(和/英) 携帯端末 / Mobile phone  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 崇雅 / Takamasa Wada / ワダ タカマサ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高取 祐介 / Yusuke Takatori / タカトリ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 八嶋 弘幸 / Hiroyuki Yashima / ヤシマ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-22 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2008-6 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.42 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2008-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会