お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-16 13:15
11 Gb/s NRZ信号同時伝送下での43 Gb/s RZ-DQPSK信号に対する非線型位相雑音の分析
谷村崇仁小田祥一郎星田 剛司/幸 雅洋/富士通研)・中島 久雄/中村 健太郎/Huijian ZhangLei LiZhenning TaoFRDC)・Jens C. Rasmussen富士通研OCS2008-2
抄録 (和) デジタルコヒーレント受信においては、波長分散および偏波モード分散等の線形歪みの他に非線型歪みが大きな影響を与えることが知られている。特に既存10Gb/s NRZ信号と位相変調信号のDWDM上での混載では、大きな相互位相変調(XPM)が生じる。我々は、非線型歪みの生じやすい伝送路と11.1Gb/s NRZ信号および43Gb/s RZ-QPSK信号を準備し、遅延検波受信とデジタルコヒーレント受信を用いて、XPMペナルティを計測した。またXPM歪みの特徴を分析し、XPM位相雑音が広い周波数帯域を持つことを示した。位相雑音の分析から、位相再生アルゴリズムの最適化により、ある程度の伝送品質改善が可能なことを示した。 
(英) We experimentally investigate the nonlinear impairments on 43 Gb/s RZ-DQPSK signals with delayed detection and digital coherent receivers in a hybrid 10G/40G DWDM transmission over NZ-DSF with 50GHz channel spacing. Systematic measurement on RMS phase fluctuation has been performed with and without co-propagating 11.1 Gb/s NRZ signals on the specific transmission link. We have demonstrated the tuning of the digital signal processing parameter suppress the nonlinear phase noise of RZ-QPSK signals due to XPM to some extent.
キーワード (和) 位相変調 / QPSK / デジタルコヒーレント / デジタル信号処理 / 非線型効果 / XPM / Hybrid DWDM / 40Gbit/s  
(英) coherent receiver / QPSK / 40Gbit/s / phase modulationdigital signal processing / phase modulation / nonlinear impact / XPM /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 39, OCS2008-2, pp. 5-10, 2008年5月.
資料番号 OCS2008-2 
発行日 2008-05-09 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2008-2

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2008-05-16 - 2008-05-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 大容量伝送技術、超高速伝送技術, 光増幅技術, 一般、(OFC報告) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2008-05-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 11 Gb/s NRZ信号同時伝送下での43 Gb/s RZ-DQPSK信号に対する非線型位相雑音の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Cross Phase Modulation Impact on 43-Gb/s RZ-DQPSK signals co-propagating with 11-Gb/s NRZ signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位相変調 / coherent receiver  
キーワード(2)(和/英) QPSK / QPSK  
キーワード(3)(和/英) デジタルコヒーレント / 40Gbit/s  
キーワード(4)(和/英) デジタル信号処理 / phase modulationdigital signal processing  
キーワード(5)(和/英) 非線型効果 / phase modulation  
キーワード(6)(和/英) XPM / nonlinear impact  
キーワード(7)(和/英) Hybrid DWDM / XPM  
キーワード(8)(和/英) 40Gbit/s /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷村 崇仁 / Takahito Tanimura / タニムラ タカヒト
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 祥一郎 / Shoichiro Oda / オダ ショウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 星田 剛司/ / Takeshi Hoshida/ / ホシダ タケシ/
第3著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 幸 雅洋/ / Masahiro Yuki/ / ユキ マサヒロ/
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 久雄/ / Hisao Nakashima/ / ナカシマ ヒサオ/
第5著者 所属(和/英) Fujitsu Research & Development Center (略称: FRDC)
Fujitsu Research & Development Center (略称: FRDC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎/ / Kentaro Nakamura/ / ナカムラ ケンタロウ/
第6著者 所属(和/英) Fujitsu Research & Development Center (略称: FRDC)
Fujitsu Research & Development Center (略称: FRDC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Huijian Zhang / Huijian Zhang / Huijian Zhang
第7著者 所属(和/英) Fujitsu Research & Development Center (略称: FRDC)
Fujitsu Research & Development (略称: FRDC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Lei Li / Lei Li / Lei Li
第8著者 所属(和/英) Fujitsu Research & Development Center (略称: FRDC)
Fujitsu Research & Development (略称: FRDC)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhenning Tao / Zhenning Tao / Zhenning Tao
第9著者 所属(和/英) Fujitsu Research & Development Center (略称: FRDC)
Fujitsu Research & Development (略称: FRDC)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen
第10著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-16 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2008-2 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2008-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会