お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-15 14:05
マルチインタフェースアドホックネットワークにおけるチャネル使用状態を考慮した経路制御手法の評価
梶岡慎輔若宮直紀阪大)・佐藤弘起門田和也松井 進日立)・村田正幸阪大AN2008-1
抄録 (和) 無線アドホックネットワークにより,VoIP(Voice over IP)や遠隔監視などのアプリケーションシステムを実現するためには,音声,映像のリアルタイム通信に求められる通信品質を考慮したネットワーク制御が必要となる.我々は,複数の無線ネットワークインタフェースを持つノードからなるアドホックネットワークを対象に,ネットワークの状態にもとづいてアプリケーションの要求するQoSを考慮した経路制御手法を提案している.提案手法では,OLSRを拡張することにより帯域の使用状態に関する情報を効率的に収集し,得られた帯域情報にもとづいて論理経路を決定する.パケットはカプセル化され,論理経路にしたがって受信側ノードに転送される.シミュレーション評価により,95\%のパケット配送率と10\,ms程度のパケット転送遅延を達成できることを示した.さらに,論理経路制御により,リアルタイム通信のトラヒックがネットワーク全体に分散されることを確認した. 
(英) To accommodate real-time applications such as VoIP (Voice over IP) or remote monitoring in wireless ad-hoc networks, we need to support certain level of communication quality for real-time audio and video transmissions. We proposed a new routing mechanism for an ad-hoc network composed of nodes equipped with multiple wireless network interfaces to each of which a different wireless channel can be assigned. By embedding information about channel usage in control messages of OLSRv2, each node obtains a view of topology and channel usage of the whole network and establishes an appropriate logical path to a destination node. Through simulation experiments, we confirmed that our mechanism could accomplish the delivery ratio of more than 95\% while delay is kept less than 10\,ms. Furthermore, real-time traffic is distributed in the whole network by logical QoS routing.
キーワード (和) アドホックネットワーク / QoSルーティング / マルチチャネル / マルチインタフェース / / / /  
(英) ad-hoc network / QoS routing / multi-channel / multi-interface / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 33, AN2008-1, pp. 1-6, 2008年5月.
資料番号 AN2008-1 
発行日 2008-05-08 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AN2008-1

研究会情報
研究会 AN  
開催期間 2008-05-15 - 2008-05-16 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) The University of Electro-Communications 
テーマ(和) フレッシュマン(WIP)セッションおよび一般 
テーマ(英) Freshman session, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2008-05-AN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチインタフェースアドホックネットワークにおけるチャネル使用状態を考慮した経路制御手法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of a QoS-aware Routing Mechanism for Multi-Channel Multi-Interface Ad-Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / ad-hoc network  
キーワード(2)(和/英) QoSルーティング / QoS routing  
キーワード(3)(和/英) マルチチャネル / multi-channel  
キーワード(4)(和/英) マルチインタフェース / multi-interface  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶岡 慎輔 / Shinsuke Kajioka / カジオカ シンスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若宮 直紀 / Naoki Wakamiya / ワカミヤ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 弘起 / Hiroki Satoh / サトウ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 システム開発研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd., System Development Laboratory (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 門田 和也 / Kazuya Monden / モンデン カズヤ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 システム開発研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd., System Development Laboratory (略称: Hitachi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 進 / Susumu Matsui / マツイ ススム
第5著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 システム開発研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd., System Development Laboratory (略称: Hitachi)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-15 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2008-1 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2008-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会