お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-09 13:35
生涯利用可能な名古屋大学IDの新規発行における名寄せ方法に関する検討
太田芳博梶田将司田島嘉則田島尚徳平野 靖内藤久資間瀬健二名大ICM2008-20
抄録 (和) 名古屋大学では「生涯利用可能なユーザ ID」である「名古屋大学 ID」を導入し,2008 年 1 月より運用を
開始した.名古屋大学 ID は,構成員一人に対して一つだけ発行するため,入学・新規雇用等により生じる新しい構成員に対し,過去に名古屋大学 ID が発行されていないかを確認し,適切な名寄せを行わなければならない.今回,名寄せ作業を行った結果,(1) 外国人の氏名表記の揺れおよび,(2) 漢字コードの問題を含む異体字の存在が,大きな問題となることがわかった.本報告では,名古屋大学 ID 導入後初となる 5500 人を対象とした年度切替時の新規構成員に対する名寄せ作業の報告とその問題について述べる. 
(英) Nagoya University introduced “a lifelong User ID” (Nagoya University ID), and began to provide the
production service on January, 2008. Since each constituency must have an unique Nagoya University ID in the life, it is necessary to verify whether new constituency as freshperson and new employees has issued in the past or not. In this paper, we describe our first experiences and faced problems to issue Nagoya University IDs for new semester in 2008 fiscal year.
キーワード (和) ユーザID / 生涯ID / 名寄せ / ディジタルアイデンティティ / アイデンティティマネジメント / / /  
(英) User ID / LifeLong User ID / Nayose / Digital Identity / Identity Management / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 24, ICM2008-20, pp. 109-114, 2008年5月.
資料番号 ICM2008-20 
発行日 2008-05-01 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2008-20

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2008-05-08 - 2008-05-09 
開催地(和) 鹿児島県民交流センタ 
開催地(英) Kagoshima Public Access Center 
テーマ(和) サービス管理、ビジネス管理、料金管理、および一般 
テーマ(英) Service Management, Business Management, Billing Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2008-05-TM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 生涯利用可能な名古屋大学IDの新規発行における名寄せ方法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nayose Problem and Approach in Issuing Nagoya University ID as a Lifelong User ID 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユーザID / User ID  
キーワード(2)(和/英) 生涯ID / LifeLong User ID  
キーワード(3)(和/英) 名寄せ / Nayose  
キーワード(4)(和/英) ディジタルアイデンティティ / Digital Identity  
キーワード(5)(和/英) アイデンティティマネジメント / Identity Management  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 芳博 / Yoshihiro Ohta / オオタ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶田 将司 / Shoji Kajita / カジタ ショウジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 嘉則 / Yoshinori Tajima / タジマ ヨシノリ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 尚徳 / Hisanori Tajima / タジマ ヒサノリ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 靖 / Yasushi Hirano / ヒラノ ヤスシ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 久資 / Hisashi Naito / ナイトウ ヒサシ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 間瀬 健二 / Kenji Mase / マセ ケンジ
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-09 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2008-20 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.24 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2008-05-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会