電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-04-25 11:45
拡散モデルにおけるパラメータ導出法に関する一検討
星 健太郎高橋敬隆小松尚久早大CQ2008-11
抄録 (和) 近年の情報ネットワークの品質評価・システム評価は,システムの多様化に伴い複雑になってきている.従来から,評価法として,トラヒックモデルが活発に提案され研究されてきているが,それらのトラヒックモデルでは主なアプローチとして,マルコフ過程が用いられている.マルコフ過程によるアプローチではシステムの複雑度に応じて,対応する状態空間や状態方程式が大規模となり,所要のトラヒック品質評価尺度を求めることが困難になる場合が多い.本稿では,拡散方程式を用いたトラヒックモデル(拡散モデル)を取り扱う.マルコフアプローチでは取り扱うことの出来ないモデルに対し,拡散モデルが適用される事例が報告されている.拡散方程式に現れるパラメータは既存文献ではCox による再生過程の結果が用いられている.しかし乍ら,このパラメータ導出法は自己完結的(self-contained)ではなく,対象モデルが複雑になると導出することが可能かどうか不明な点も多い.ここでは,統計数理学における中心極限定理を用いて,体系的・自己完結的な導出法を新たに提案することを目標としている. 
(英) Diffusion models are frequently and widely applied for performance evaluation of recently developed computer communication networks. This is because the queueing models (Markovian models) are becoming hard to solve analytically and numerically due to a huge number of states in these networks. However, diffusion parameters appearing the diffusion
equation is not straightforward. Indeed, in almost the previous results, these parameters are obtained by using Cox’s result on renewal theory. The main purpose of this paper is to present a self-contained approach for obtaining the diffusion parameters. Our approach is based on a central-limit theorem in the area of mathematical statistics.
キーワード (和) ネットワーク品質 / サービス品質 / 中心極限定理 / 拡散パラメータ / 拡散モデル / / /  
(英) Network quality / Grade of service / Central limit theorem / Diffusion parameters / Diffusion model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 17, CQ2008-11, pp. 59-64, 2008年4月.
資料番号 CQ2008-11 
発行日 2008-04-17 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2008-11

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2008-04-24 - 2008-04-25 
開催地(和) 弘前大学 
開催地(英) Hirosaki University 
テーマ(和) ユビキタス/ブロードバンドネットワークの品質とメディア品質、品質評価モデル、信頼性とセキュリティ、コンテンツ、一般 
テーマ(英) Quality of Ubiquitous/Broadband Networks, Media Quality, Quality Evaluation Model, Reliability, Security, Contents, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2008-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡散モデルにおけるパラメータ導出法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Stochastic Approach for Deriving the Parameters an Arising out of a Diffusion Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワーク品質 / Network quality  
キーワード(2)(和/英) サービス品質 / Grade of service  
キーワード(3)(和/英) 中心極限定理 / Central limit theorem  
キーワード(4)(和/英) 拡散パラメータ / Diffusion parameters  
キーワード(5)(和/英) 拡散モデル / Diffusion model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 星 健太郎 / Kentaro Hoshi / ホシ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Wsseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 敬隆 / Yoshitaka Takahashi / タカハシ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Wsseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 尚久 / Naohisa Komatsu / コマツ ナオヒサ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Wsseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-04-25 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2008-11 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2008-04-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会