お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-04-25 09:55
帯域保証IPネットワークにおけるインタラクティブ音声・ビデオ通信のQoE評価
見崎徳仁田坂修二名工大CQ2008-7
抄録 (和) 本報告では,帯域予約可能なIPネットワークでのインタラクティブ音声・ビデオIP伝送において,ビデオの符号化ビットレートと受信バッファリング時間がユーザ体感品質(QoE)に及ぼす影響を調べる.ユーザの使用可能な帯域幅を一定とし,音声・ビデオ送信側での符号化ビットレートと受信バッファリング時間とを種々の値に設定した.音声が主体となる作業とビデオの影響も大きい作業の2種類を選定し,これらの作業について主観評価実験を行い,QoEを評価した.実験結果より,符号化ビットレートとバッファリング時間を適切に設定することで,高いQoEを達成できることを示した.また,符号化ビットレートと受信バッファリング時間がQoEに及ぼす影響は,作業内容により異なることを確認した. 
(英) This report investigates the effects of video encoding bit rates and receiver-buffering control on QoE in interactive audio-video communications over bandwidth guaranteed IP networks.Under the condition that the guaranteed bandwidth is kept constant, we made experiment on assessment of QoE for various values of the encoding bit rate and receiver-buffering time with two kinds of task.One task is audio-dominant, while the other is one whose video affects QoE more than the former.As a result, we show that we can achieve high QoE by choosing an appropriate combination of the encoding bit rate and receiver-buffering time.In addition, we see that the effects of the encoding bit rate and receiver-buffering time on QoE depend on the kind of task.
キーワード (和) インタラクティブ音声・ビデオIP通信 / QoE / 帯域制御 / バッファリング制御 / 符号化ビットレート / / /  
(英) Interactive Audio-Video Communications / QoE / Bandwidth Control / Buffering Control / Encoding Bit Rate / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 17, CQ2008-7, pp. 35-40, 2008年4月.
資料番号 CQ2008-7 
発行日 2008-04-17 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2008-7

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2008-04-24 - 2008-04-25 
開催地(和) 弘前大学 
開催地(英) Hirosaki University 
テーマ(和) ユビキタス/ブロードバンドネットワークの品質とメディア品質、品質評価モデル、信頼性とセキュリティ、コンテンツ、一般 
テーマ(英) Quality of Ubiquitous/Broadband Networks, Media Quality, Quality Evaluation Model, Reliability, Security, Contents, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2008-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域保証IPネットワークにおけるインタラクティブ音声・ビデオ通信のQoE評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoE Assessment of Interactive Audio-Video Communications over Bandwidth Guaranteed IP Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インタラクティブ音声・ビデオIP通信 / Interactive Audio-Video Communications  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) 帯域制御 / Bandwidth Control  
キーワード(4)(和/英) バッファリング制御 / Buffering Control  
キーワード(5)(和/英) 符号化ビットレート / Encoding Bit Rate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 見崎 徳仁 / Norihito Misaki / ミサキ ノリヒト
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田坂 修二 / Shuji Tasaka / タサカ シュウジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-04-25 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2008-7 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2008-04-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会