電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-04-17 13:00
独立成分分析によるMIMO受信荷重の直接推定に関する基礎検討
塩見英久岡村康行阪大AP2008-4
抄録 (和) MIMO 通信においてチャネル測定誤差は通信性能を劣化させる要因のひとつである。本報告では、チャネル測定精度に依存しない MIMO 受信荷重の直接決定方法を提案する。独立成分分析によるブラインド信号分離技術に より、複数のアンテナから送信された信号を干渉なく受信することが可能であることを示した。チャネル行列の逆行列を用いる方法と提案手法とをシミュレーションにより比較したところ、チャネル測定誤差が過大な環境において提案手法がよく機能することを確認した。 
(英) The error of channel measurement for a MIMO communication is one of the factors to debase the communication capacity. In this report, we propose a channel-measurement free direct determination method of the MIMO receiving weights. The simulation of the signal separation of the independent signals from each transmitting antenna was demonstrated. From the simulation results, the proposed method was worked well than a conventional method under the inaccurate channel measurement condition.
キーワード (和) 独立成分分析 / MIMO / ブラインド信号分離 / / / / /  
(英) Independent Component Analysis / MIMO / Blind Signal Separation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 5, AP2008-4, pp. 19-22, 2008年4月.
資料番号 AP2008-4 
発行日 2008-04-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2008-4

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2008-04-17 - 2008-04-17 
開催地(和) 大阪電通大 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2008-04-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 独立成分分析によるMIMO受信荷重の直接推定に関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Direct Estimation of Weight Vectors using Independent Component Analysis for MIMO Receiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 独立成分分析 / Independent Component Analysis  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) ブラインド信号分離 / Blind Signal Separation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩見 英久 / Hidehisa Shiomi / シオミ ヒデヒサ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 康行 / Yasuyuki Okamura /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-04-17 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2008-4 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2008-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会