電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-04-17 10:20
Ku帯およびKa帯衛星回線降雨減衰のサテライトダイバーシティ特性の方位角仰角依存性
前川泰之阪電通大)・初田 健北海道工大AP2008-1
抄録 (和) 1995年から1998年と2003年から2007年の間に、大阪電気通信大学(寝屋川市)において連続的に測定を行ったJCSAT、SCC、BS、およびCS-3(N-STAR)電波の受信レベルを比較し、降雨時のKu帯およびKa帯衛星電波の降雨減衰量のサテライトダイバーシティ効果について、方位角が互いに10°から70°程度異なる約10種類の衛星伝搬路の間で検討を行った。その結果、降雨減衰による回線不稼働率に対する改善効果は各伝搬路の方位角の差とともに増大するが、仰角に差がある場合は逆に少し減少することが示された。発生時間率が0.1~0.01%程度の減衰量に対しては、いずれの伝搬路間においてもKa帯とKu帯それぞれ方位角と仰角の差の指数関数として、これらの改善率が表されることが示された。その改善の大きさは時間率0.01%までの減衰量では2~3倍程度に過ぎないが、Ku帯で時間率が0.01%以下となる減衰量約10dB以上の範囲では、1桁(10倍)以上になることが本学および京都大学生存圏研究所(宇治市)における最近の測定例から明らかになった。 
(英) The effects of satellite diversity on Ku- and Ka-band rain attenuation were investigated in about ten propagation paths with azimuth angle separations of 10 to 70 deg, using the radio waves continuously received from JCSAT, SCC, BS, and CS-3 (N-STAR) at Osaka Electro-Communication University (OECU) in 1995-1998 and 2003-2007. It is found that the improvement of unavailability for the time percentages due to rain attenuation is increased, as the azimuth separation of the propagation paths is increased. The improvement is, however, slightly decreased as the difference of elevation angles arises. These azimuth and elevation angle dependencies are shown to be described as a simple exponential function of their differences. The magnitude of the improvements does not exceed a factor of 2 or 3, as far as the cumulative time percentages are greater than 0.01%, while recent observations at OECU and Kyoto University (Uji) demonstrate that it may exceed a factor of 10 as the time percentages become smaller than 0.01% with the Ku-band attenuation of greater than about 10 dB.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨減衰 / Ka帯 / Ku帯 / サテライトダイバーシティ / 方位角 / 仰角 /  
(英) Satellite Communications / Rain attenuation / Ka band / Ku-band / Satellite diversity / Azimuth angle / Elevation angle /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 5, AP2008-1, pp. 1-6, 2008年4月.
資料番号 AP2008-1 
発行日 2008-04-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2008-1

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2008-04-17 - 2008-04-17 
開催地(和) 大阪電通大 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2008-04-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ku帯およびKa帯衛星回線降雨減衰のサテライトダイバーシティ特性の方位角仰角依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Azimuth and Elevation Angle Dependency of the Satellite Diversity Characteristics of Rain Attenuation in Ku and Ka band Satellite Communications Links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite Communications  
キーワード(2)(和/英) 降雨減衰 / Rain attenuation  
キーワード(3)(和/英) Ka帯 / Ka band  
キーワード(4)(和/英) Ku帯 / Ku-band  
キーワード(5)(和/英) サテライトダイバーシティ / Satellite diversity  
キーワード(6)(和/英) 方位角 / Azimuth angle  
キーワード(7)(和/英) 仰角 / Elevation angle  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 泰之 / Yasuyuki Maekawa / マエカワ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Commun. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 初田 健 / Takeshi Hatsuda / ハツダ タケシ
第2著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute of Technology (略称: Hokkaido Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-04-17 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2008-1 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2008-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会