お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-27 15:00
ネットワーク定量化指標を用いたカオス時系列の解析
島田 裕池口 徹埼玉大NLP2007-161
抄録 (和) 我々の周りには,複雑な振る舞いを示す現象が多数存在する.例えば,株価の変動や生物の個体数の増減,
気象の変化などである.これらの現象が示すカオス的振る舞いを定量化することは,予測や制御の観点からも重要で
ある.そこで,本稿では,決定論的非線形力学系から生じるカオス的な振る舞いを複雑ネットワーク的観点から定量
化するための新しい手法を提案する.提案手法では,まず始めに,アトラクタからネットワークを構成する.次に,
このネットワークに対し,複雑ネットワークの分野にて用いられる定量化尺度を適用する.これにより,構成された
ネットワークを通じて,カオス的アトラクタの有する力学的特徴を定量化する.その際,提案手法を評価するために,
数理モデル,ノイズを含んだ数理モデルに対して計算機シミュレーションを行った.実験の結果,カオスアトラクタ
から構成したネットワークでは,複雑ネットワークの特徴の1 つであるスモールワールド性を確認することができた. 
(英) Complex phenomena are ubiquitous in the real world, for example, fluctuation of financial indices in a
stock market, population of a species in a local community, and change of weather condition. In this report, we
propose a new method to quantify the deterministic chaos using the measures of the complex network theory. The
basic idea of our proposed method is that attractors of nonlinear dynamical systems and networks are characterized
by a two–dimensional matrix. First, we construct a recurrence plot from an attractor. Next, we use the recurrence
plot as an adjacent matrix of a network. Then, we evaluated the clustering coefficients and the characteristic path
length of the network. As a result, we confirmed that the constructed networks from the chaotic systems show the
small world property.
キーワード (和) 非線形時系列解析 / 複雑ネットワーク解析 / リカレンスプロット / カオス時系列解析 / / / /  
(英) Nonlinear Time Series Analysis / Complex Network Analysis / Recurrence Plot / Chaotic Time Series Analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 560, NLP2007-161, pp. 43-48, 2008年3月.
資料番号 NLP2007-161 
発行日 2008-03-20 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-161

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2008-03-27 - 2008-03-28 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2008-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク定量化指標を用いたカオス時系列の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis method of chaotic time series using measures of networks. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形時系列解析 / Nonlinear Time Series Analysis  
キーワード(2)(和/英) 複雑ネットワーク解析 / Complex Network Analysis  
キーワード(3)(和/英) リカレンスプロット / Recurrence Plot  
キーワード(4)(和/英) カオス時系列解析 / Chaotic Time Series Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 裕 / Yutaka Shimada / シマダ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池口 徹 / Tohru Ikeguchi / イケグチ トオル
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-27 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-161 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.560 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2008-03-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会