お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-23 14:20
リアルタイム音声画像化処理に基づく発話訓練システムの構築
上田裕市松雪貴史米倉達郎坂田 聡熊本大WIT2007-104
抄録 (和) 我々は音声現象の観察や音声分析あるいは発話フィードバックへの利用を目的として音声情報の視覚提示方式に関する研究を行ってきた。そして、音声画像化機能を有するソフトウェアツール(Speech-ART)を開発して、研究室レベルでの音声研究に利用してきた。しかし、本機能はオフライン処理を前提としているために、音声特徴量のリアルタイム観測や発話訓練ツールとしての利用には制約があった。そこで、音声分析と画像表示のアルゴリズムやプログラム構造の効率化を図った結果、汎用PC上で動作するリアルタイムシステムを開発した。本稿では、リアルタイム音声画像化の背景と実現方法、そして発話訓練用に構築したプロトタイプシステムの機能と動作について述べる。 
(英) We have investigated a speech visualization method in order to observe speech phenomena, analyze speech signal and use as a feedback of utterance. Previously, we developed a software tool ( Speech-ART) as a speech visualizing system and have used it in speech analysis at laboratory. However, because its function was based on offline processing, it has been restricted to observe speech features in real time or use it as a speech training tool. Thereafter, we have improved efficiencies in algorithms and program structures of speech analysis and image processing. As results, a real-time system was developed on a general-purpose PC. In this paper, we describe a background of speech visualization and its realization, and introduce functions and operations of proto type systems for speech training.
キーワード (和) 発話訓練 / 可視化 / 音声分析 / 実時間処理 / 色彩パタン / / /  
(英) Speech training / Visualization / Speech analysis / Realtime processing / Color pattern / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 555, WIT2007-104, pp. 79-84, 2008年3月.
資料番号 WIT2007-104 
発行日 2008-03-15 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2007-104

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2008-03-22 - 2008-03-23 
開催地(和) 北九州学研都市 
開催地(英) Kitakyushu Science and Research Park 
テーマ(和) 福祉情報工学一般(HCGシンポジウムの一環として開催) 
テーマ(英) Well-being Information Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2008-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルタイム音声画像化処理に基づく発話訓練システムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of speech training systems based on a real-time speech visualization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 発話訓練 / Speech training  
キーワード(2)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(3)(和/英) 音声分析 / Speech analysis  
キーワード(4)(和/英) 実時間処理 / Realtime processing  
キーワード(5)(和/英) 色彩パタン / Color pattern  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 裕市 / Yuichi Ueda / ウエダ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松雪 貴史 / Takafumi Matsuyuki / マツユキ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米倉 達郎 / Tatsuro Yonekura / ヨネクラ タツロウ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 聡 / Tadashi Sakata / サカタ タダシ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-23 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2007-104 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.555 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2008-03-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会