お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-22 13:10
u-soul applications:超音波を用いた空間的な音像提示システムの応用
吉野祥之苗村 健東大MVE2007-85
抄録 (和) 筆者らは,音情報を可聴音の音波と基本的な特性が同じ超音波に変換して空間中に満たし,ユーザ自身の耳元に設置した超音波マイクでその情報を取得,PCによって可聴音に復調し,ヘッドホンで復調音の提示を行うという手法により,特定の人にのみ音源位置の知覚が可能な音情報を提示するu-soulシステムを提案してきた.
音情報を電磁波に変調するシステムに比べ,両耳間差情報を利用した自然な音源位置の知覚が可能な本システムを用いることで,効率的な音声案内が可能になると考えられる.
本稿では,u-soulシステムのアプリケーションを紹介し,本システムの応用についての議論を行う. 
(英) We have developed a sound localization system that presents sound images only to the users by using ultrasonic wave.
We call this the u-soul(Ultrasonic/Ubiquitous-SOUnd Localization interface).
It provides the auditory differences in volume and arrival time between both ears to realize sound localization.
For this purpose, we have developed a head phone with ultrasonic microphones which capture the sounds modulated into the ultrasonic wave.
In this paper, we introduce the applications of this system.
キーワード (和) 音像提示 / 超音波 / 周波数分割多重 / 両耳間時間差 / 両耳間レベル差 / / /  
(英) Sound image presentation / Ultrasonic wave / Frequency-division multiplexing / Interaural time difference / Interaural level difference / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 554, MVE2007-85, pp. 25-30, 2008年3月.
資料番号 MVE2007-85 
発行日 2008-03-15 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2007-85

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2008-03-22 - 2008-03-23 
開催地(和) 北九州学術研究都市 産学連携センター 
開催地(英) Industry & Academia Cooperation Ctr, Kitakyushu Sci & Research Pk 
テーマ(和) マルチメディア仮想環境基礎,および一般(HCGシンポジウム内で開催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2008-03-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) u-soul applications:超音波を用いた空間的な音像提示システムの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) u-soul applications: the applications of Ultrasonic/Ubiquitous-SOUnd Localization interface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音像提示 / Sound image presentation  
キーワード(2)(和/英) 超音波 / Ultrasonic wave  
キーワード(3)(和/英) 周波数分割多重 / Frequency-division multiplexing  
キーワード(4)(和/英) 両耳間時間差 / Interaural time difference  
キーワード(5)(和/英) 両耳間レベル差 / Interaural level difference  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 祥之 / Akiyuki Yoshino / ヨシノ アキユキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura / ナエムラ タケシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-22 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2007-85 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.554 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2008-03-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会