お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-13 14:10
超音波探触子の操作角度を考慮した超音波断層像再構成
箕岡武志池田 聖井村誠孝奈良先端大)・安室喜弘関西大)・眞鍋佳嗣千原國宏奈良先端大MBE2007-115
抄録 (和) 超音波画像の診断技術習得には多くの経験が必要とされており,効率のよい訓練手段として超音波シミュレータが提案されている.従来法では,多数のサンプル断層像より得られる三次元ボリュームを直接エコー分布とするため,内部構造や虚像の影響が反映されていなかった.本研究では,断層像取得時の様々な超音波探触子角度を反映させ,多値三次元ボリュームを生成することで,従来考慮されていなかった超音波反射特性の方向依存性を再現し,超音波探触子の操作角度に応じた正確な断層像の生成を目指す.実験では,超音波反射特性の方向依存性の影響を大きく受けるアーチファクト付近の断層像を再構成することにより,提案手法の有効性を確認した. 
(英) Ultrasonic diagnosis requires substantial experiences for both acquiring and reading echography. This paper proposes a novel echo imaging simulator for synthesizing and displaying echography, according to user's probe manipulation. The proposed method is a sample-based approach that stores pre-captured real echo images as a volume data set in which each voxel has multi-directional values. Output echography is synthesized by interpolating voxel values, considering spatial arrangement and directivity of the voxel values. Experimental results demonstrates spatially seamless echography synthesis and characteristic artifacts with various probe postures.
キーワード (和) 超音波画像 / 画像診断用シミュレータ / ボリュームデータ / 画像再構成 / アーチファクト / / /  
(英) Ultrasonic image / Image diagnostic simulator / View-dependent volume / Image reconstruction / Artifact / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 541, MBE2007-115, pp. 41-44, 2008年3月.
資料番号 MBE2007-115 
発行日 2008-03-06 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2007-115

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2008-03-12 - 2008-03-14 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa Univ 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2008-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波探触子の操作角度を考慮した超音波断層像再構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ultrasonic Image Synthesis Based on View-dependent Model for Diagnostic Training System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波画像 / Ultrasonic image  
キーワード(2)(和/英) 画像診断用シミュレータ / Image diagnostic simulator  
キーワード(3)(和/英) ボリュームデータ / View-dependent volume  
キーワード(4)(和/英) 画像再構成 / Image reconstruction  
キーワード(5)(和/英) アーチファクト / Artifact  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 箕岡 武志 / Takeshi Minooka / ミノオカ タケシ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 聖 / Sei Ikeda / イケダ セイ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井村 誠孝 / Masataka Imura / イムラ マサタカ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安室 喜弘 / Yoshihiro Yasumuro / ヤスムロ ヨシヒロ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞鍋 佳嗣 / Yoshitsugu Manabe / マナベ ヨシツグ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 千原 國宏 / Kunihiro Chihara / チハラ クニヒロ
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-13 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2007-115 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.541 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2008-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会