電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-13 10:40
半導体レーザ直接励起による有機垂直共振器レーザ
坂田 肇竹内英樹松浦秀高山下幸毅冨木政宏静岡大OME2007-91 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2007-91
抄録 (和) 有機色素レーザの小型・低消費電力化を目的として、InGaN系LDで直接励起する垂直共振器構造の固体色素レーザを提案し、作製評価した。レーザ活性層はクマリン540AをドープしたPVK薄膜からなり、共振器構造として、高反射DBR、垂直DFBミラー、ナノ微粒子等を導入し、それぞれの効果について結果を得た。パルス幅3–4nsのLD励起により、数10 mW/pulseの閾値で、単一モード発振が550 nm付近の波長において得られた。 
(英) We present vertical-cavity solid-state dye lasers pumped by an InGaN laser diode. The dye laser has a poly-N-vinylcarbazole active layer doped with coumarin 540A. The laser action was attained in a single mode manner around 550 nm with a threshold pump power of some 10 mW/pulse by employing high-reflective DBR, vertical-cavity DFB mirror, and nanoparticles.
キーワード (和) 半導体励起 / 固体色素レーザ / 面発光レーザ / / / / /  
(英) Diode-pumped / Solid-state dye lasers / Surface-emitting lasers / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 546, OME2007-91, pp. 11-14, 2008年3月.
資料番号 OME2007-91 
発行日 2008-03-06 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2007-91 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2007-91

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2008-03-13 - 2008-03-13 
開催地(和) 京都リサーチパーク(KRP) 
開催地(英) Kyoto Research Park 
テーマ(和) ポリマー光回路、光機能性材料、一般 
テーマ(英) Polymer Optical Circuit, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2008-03-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半導体レーザ直接励起による有機垂直共振器レーザ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Organic vertical-cavity laser pumped directly by a laser diode 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 半導体励起 / Diode-pumped  
キーワード(2)(和/英) 固体色素レーザ / Solid-state dye lasers  
キーワード(3)(和/英) 面発光レーザ / Surface-emitting lasers  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 肇 / Hajime Sakata / サカタ ハジメ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 英樹 / Hideki Takeuchi / タケウチ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 秀高 / Hidetaka Matsuura / マツウラ ヒデタカ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 幸毅 / Kouki Yamashita / ヤマシタ コウキ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨木 政宏 / Masahiro Tomiki / トミキ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-13 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2007-91 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.546 
ページ範囲 pp.11-14 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OME-2008-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会