お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-11 11:30
錘に基づくパターン識別方法
小林 匠大津展之産総研/筑波大IE2007-320 PRMU2007-304
抄録 (和) 一般にパターン認識では,特徴ベクトルは非負制約となることが多く,そのような性質を持つ分布は原点を頂点とする錘として表現される.そこで,新たなパターン識別方法として錘による制約付きの部分空間法を提案する.本手法では,部分空間法と同様に錘の方向に沿ったスケール倍や加法などの広いパターン変動を許容する一方で,錘の境界面での厳密な識別が可能となる.本論文では特に,凸錘と円錐の2つの手法を提案する.顔及び人検出の実験に提案手法を適用することによりその有効性を確認した. 
(英) In pattern recognition, feature vectors are occasionally subjected to non-negative constraints. This characteristic can be expressed by a cone in a feature vector space. In this paper, we propose a cone-restricted subspace
method. In addition to that the proposed method admits scaling and addition of vectors as well as ordinary subspace methods, it can also strictly classify the vectors at the boundary of the cone. We propose two methods based on a convex cone and on a circular cone. The experimental results for face and person detection showed the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) パターン識別器 / / 凸錘 / 円錐 / 部分空間法 / / /  
(英) pattern classifier / cone / convex cone / circular cone / subspace method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 539, PRMU2007-304, pp. 371-376, 2008年3月.
資料番号 PRMU2007-304 
発行日 2008-03-03 (IE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2007-320 PRMU2007-304

研究会情報
研究会 PRMU IE  
開催期間 2008-03-10 - 2008-03-11 
開催地(和) 北陸先端大 
開催地(英)  
テーマ(和) 3次元画像、多視点画像 
テーマ(英) JAIST 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2008-03-PRMU-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 錘に基づくパターン識別方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pattern Classification based on Cone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パターン識別器 / pattern classifier  
キーワード(2)(和/英) / cone  
キーワード(3)(和/英) 凸錘 / convex cone  
キーワード(4)(和/英) 円錐 / circular cone  
キーワード(5)(和/英) 部分空間法 / subspace method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 匠 / Takumi Kobayashi / コバヤシ タクミ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研/筑波大)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大津 展之 / Nobuyuki Otsu / オオツ ノブユキ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研/筑波大)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-11 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-IE2007-320,IEICE-PRMU2007-304 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.538(IE), no.539(PRMU) 
ページ範囲 pp.371-376 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2008-03-03,IEICE-PRMU-2008-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会