お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-10 10:40
パーティクルフィルタによる人物行動認識と例外行動検出
青木康洋岩井儀雄谷内田正彦阪大IE2007-276 PRMU2007-260
抄録 (和) 本研究では,カメラ画像上の人物を追跡し,その行動を認識することで未知の行動を行う人物を例外として検出するような,安心・安全空間を提供するための監視システムの構築を目指す.人物の行動を認識するために,連続的な状態変化である行動をいくつかの部分に分割して行動素を作り,この行動素の遷移列を行動モデルとして考える.認識は,ある観測が得られたときの行動モデルの事後確率を求めることで行う.事後確率はベイズ推定によって表され,実際の計算機上での計算はモンテカルロ法による近似計算で行える.本報告では,人物の行動として人物領域の重心軌跡を用いて認識処理を行い,未学習の行動を例外として検出できるかどうかを試みる. 
(英) Our purpose is to detect suspicious actions from an image sequence for security and/or safety. In this paper, we propose a system for recognizing actions that are trajectories obtained by tracking people through indoor scenes captured by a camera. Actions are modeled by transitions of action primitives, or parts of obtained trajectories, and recognized by a stochastic approach using posterior distributions of the models. Monte Carlo estimation, otherwise known as Particle Filtering, is used to approximate the distributions. By this approach, the system can recognize people's actions as whether suspicious actions or not.
キーワード (和) 行動認識 / 例外検出 / パーティクルフィルタ / / / / /  
(英) Action Recognition / Detecting Suspicious Actions / Particle Filter / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 539, PRMU2007-260, pp. 95-102, 2008年3月.
資料番号 PRMU2007-260 
発行日 2008-03-03 (IE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2007-276 PRMU2007-260

研究会情報
研究会 PRMU IE  
開催期間 2008-03-10 - 2008-03-11 
開催地(和) 北陸先端大 
開催地(英)  
テーマ(和) 3次元画像、多視点画像 
テーマ(英) JAIST 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2008-03-PRMU-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パーティクルフィルタによる人物行動認識と例外行動検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 行動認識 / Action Recognition  
キーワード(2)(和/英) 例外検出 / Detecting Suspicious Actions  
キーワード(3)(和/英) パーティクルフィルタ / Particle Filter  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 康洋 / Yasuhiro Aoki /
第1著者 所属(和/英) 阪大 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 儀雄 / Yoshio Iwai /
第2著者 所属(和/英) 阪大 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷内田 正彦 / Masahiko Yachida /
第3著者 所属(和/英) 阪大 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-10 10:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-IE2007-276,IEICE-PRMU2007-260 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.538(IE), no.539(PRMU) 
ページ範囲 pp.95-102 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IE-2008-03-03,IEICE-PRMU-2008-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会