電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-10 13:10
3次元CT像から抽出された腹部動脈に対する血管名自動対応付けに関する研究
篠田多郎北坂孝幸森 健策末永康仁三澤一成藤原道隆名大
抄録 (和) 本研究では3次元CT像上で血管名指定により任意血管の表示を可能とするため,3次元CT像から抽出された腹部動脈領域の各部分に対応する血管名を自動で対応付けることを目的とする.
そのため,まず動脈領域から血管芯線を取得し,そこから血管分岐構造を分岐点から分岐点までを1つの枝とする木構造で抽出する.
その際,血管の太さや走行方向等の情報を枝に与える.
また,血管の分岐構造では分岐によって血管名が変わらないことがあるため,同一名の血管が複数の枝に渡ることがある.
そこで同一血管名の可能性のある血管の統合処理を行う.
そして,太さや走行方向等の情報を特徴量として用い,各枝に対応する血管名を対応付ける.
本稿では腹部大動脈とそこから分岐する腹腔動脈,上腸間膜動脈,左右腎動脈,そして腹腔動脈から分岐する総肝動脈,脾動脈,さらに総肝動脈から分岐する十二指腸動脈,固有肝動脈の計9本の血管名を対応付ける手法を提案する.
腹部動脈領域18例に対し本手法を適用し,正しく血管名が対応付けられた枝の割合を正解率として評価を行ったところ,平均正解率は91%であった. 
(英) This paper describes a method for labeling anatomical names of abdominal arteries extracted from 3D abdominal CT images.
The method uses medial lines of blood vessels to represent tree structures of blood vessels, and merges nodes of tree structures, which have possibility of the same blood vessel name, into the some edge by using thickness of blood vessels and directions that blood vessels run.
Then an anatomical name is assigned to each node using various features such as diameters and directions of blood vessels.
The aorta and main blood vessels branching from the aorta are automatically labeled by utilizing features above and organ region information.
The proposed method was applied to 18 cases of abdominal arteries extracted from 3D abdominal CT images and the labeling accuracy of above blood vessels was evaluated.
The average answer rate of each data was 91\%, where the answer rate indicates the ratio of nodes correctly labeled.
キーワード (和) 血管 / 木構造 / 解剖学的名称 / / / / /  
(英) blood vessel / tree structure / anatomical name / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 539, PRMU2007-268, pp. 145-150, 2008年3月.
資料番号 PRMU2007-268 
発行日 2008-03-03 (IE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IE  
開催期間 2008-03-10 - 2008-03-11 
開催地(和) 北陸先端大 
開催地(英)  
テーマ(和) 3次元画像、多視点画像 
テーマ(英) JAIST 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2008-03-PRMU-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元CT像から抽出された腹部動脈に対する血管名自動対応付けに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on automated anatomical labeling of abdominal arteries extracted from 3D abdominal CT images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 血管 / blood vessel  
キーワード(2)(和/英) 木構造 / tree structure  
キーワード(3)(和/英) 解剖学的名称 / anatomical name  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 多郎 / Taro Shinoda / シノダ タロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北坂 孝幸 / Takayuki Kitasaka / キタサカ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 健策 / Kensaku Mori / モリ ケンサク
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 末永 康仁 / Yasuhito Suenaga / スエナガ ヤスヒト
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 三澤 一成 / Kazunari Misawa / ミサワ カズナリ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 道隆 / Michitaka Fujiwara / フジワラ ミチタカ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-10 13:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-IE2007-284,IEICE-PRMU2007-268 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.538(IE), no.539(PRMU) 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2008-03-03,IEICE-PRMU-2008-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会