お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-08 10:20
周期性とグループ特性に着目した学習履歴データの特徴分析
福田遼平大野博之稲積宏誠青学大ET2007-98
抄録 (和) e-Learningシステムの普及により,自身のペースで学習を行う機会が増えている.
学習者は多くの場合,学習達成のために途中で何らかの目途を立て,実際の学習結果と照らし合わせながら進めていくことが予想される.学習履歴からは,学生のこのような行動を発見し,最終的にシステム改善などに役立つ知識を発見することが期待される.
本稿では,学習過程において月・週・曜日あるいは特定のタイミングの時間を意識しながら進める場合が多いと考え,複数の受験履歴に共通する,時間単位ごとの階層関係と,それらの相互関係に注目して特徴を抽出し,周期的な情報を中心にした分析を行う.そして,グループごとの学習傾向を分析する手法を本学で行われているIT講習会の学習履歴に適用した.その結果,いくつかの特徴的な受検傾向や,学科による受け方の違いが存在することがわかった. 
(英) The opportunity that learners study by own pace has increased by the spread of e-Learning systems.
We assume that learners set up goals to act, and these actions are recorded to learning log data.Also we expect that we can extract the features from them and can improve the systems.
In this paper, we extract the features from learning log data.Our using method can extract particular kind of periodicity based on time-scale hierarchy.
キーワード (和) e-Learning / 学習履歴 / 系列データ / / / / /  
(英) e-Learning / Learning Log Data / Sequential Data Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 536, ET2007-98, pp. 79-84, 2008年3月.
資料番号 ET2007-98 
発行日 2008-03-01 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-98

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-03-08 - 2008-03-08 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima Univ. 
テーマ(和) ユビキタス学習環境/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周期性とグループ特性に着目した学習履歴データの特徴分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Learning Log Data Analysis from the view point of Data Periodicity and Learning Group Characteristics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) e-Learning / e-Learning  
キーワード(2)(和/英) 学習履歴 / Learning Log Data  
キーワード(3)(和/英) 系列データ / Sequential Data Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 遼平 / Ryohei Fukuda / フクダ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 博之 / Hiroyuki Oono / オオノ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲積 宏誠 / Hiroshige Inazumi /
第3著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-08 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-98 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.536 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会