お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-08 14:30
SCORMコンテンツ作成支援システムの構築
寒川剛志大黒隆弘妻鳥貴彦高知工科大ET2007-104
抄録 (和) 近年,大学や企業でのe-Learning ではWBT(Web Based Training) が主流である.従来のWBT システムでは学習管理を行うLMS(Learning Management System) と教材同士での相互運用,再利用が困難だった.そのため,WBT の標準規格として米国のADL(Advanced Distributed Learning) はSCORM を規格した.SCORM を用いることによって,WBT システムに相互運用性と再利用性が与えられた.しかし,SCORM を使用したコンテンツはSCORM への適用を行うために従来のWBT に比べコストが増加し,またSCORM の知識も必要となる.本稿では,SCORM コンテンツを作成する際のSCORM 適用のためのコストを軽減し,簡単にSCORM コンテンツを作成可能とするSCORM コンテンツ作成支援システムについて述べる. 
(英) In recent years, WBT(Web Based Training) has been common style in enterprise and university training.There are some problems also in such existing WBT. Such problems are about reusability and interoperability. ADL(Advanced Distributed Learning, U.S.) has been offering SCORM(Sharable Content Reference Model) as standard model in WBT. SCORM aims providing reusability and interoperability to WBT. However, making SCORM contents increase costs than existing WBT contents. Moreover, contents author must have SCORM knowledge. In this study, we developed SCORM Contents Making Support System. The system aims to reduce costs making SCORM content.
キーワード (和) SCORM / コンテンツアグリゲーションモデル / ランタイム環境 / LMS / WBT / / /  
(英) SCORM / Content Aggregation Model, / Run-Time Environment / LMS / WBT / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 536, ET2007-104, pp. 113-118, 2008年3月.
資料番号 ET2007-104 
発行日 2008-03-01 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-104

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-03-08 - 2008-03-08 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima Univ. 
テーマ(和) ユビキタス学習環境/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SCORMコンテンツ作成支援システムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of SCORM Contents Making Support System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SCORM / SCORM  
キーワード(2)(和/英) コンテンツアグリゲーションモデル / Content Aggregation Model,  
キーワード(3)(和/英) ランタイム環境 / Run-Time Environment  
キーワード(4)(和/英) LMS / LMS  
キーワード(5)(和/英) WBT / WBT  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寒川 剛志 / Takeshi Samukawa / サムカワ タケシ
第1著者 所属(和/英) 高知工科大学大学院 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大黒 隆弘 / Takahiro Daikoku / ダイコク タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 高知工科大学大学院 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 妻鳥 貴彦 / Takahiko Mendori / メンドリ タカヒコ
第3著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-08 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-104 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.536 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会