お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-08 09:55
検索エンジンを利用した多言語作文支援
綱嶋祐一岡田壮史安藤一秋香川大ET2007-97
抄録 (和) 近年,第二言語で読み書きする機会が増加している.第二言語で作文を行う場合,用例文が非常に有用である.Webには,様々な言語で記述された膨大なテキストデータが存在しており,検索エンジンを利用することで容易に用例文を参照することができる.我々は,検索エンジンを利用して,多言語での作文を支援するシステムを構築中である.本稿では,特に日英両言語での作文を支援するシステムを提案する.具体的には,検索式の自動生成やヒット数による表現の妥当性の検証支援,さらに語彙レベルに応じた用例文の提示などを実装している.最後に,提案システムの評価について述べ,有用性を示す. 
(英) In recent years, the opportunities to read and write documents in second language have been increasing. When we write documents in the second language, example sentences are very useful. Since the web is an immense multilingual text data, it enables us to refer example sentences and usage of expressions by using a search engine. We are developing a support system for multilingual composition using search engines. This paper proposes the support system for English and Japanese composition. The proposed system automatically constructs queries from an entered expression, provides ranking tables and graphs based on hit counts of those queries, and displays example sentences based on user's vocabulary level. Finally, we show the effectiveness of the proposed support tool.
キーワード (和) 英作文 / 支援ツール / 検索エンジン / 用例 / ヒット数 / / /  
(英) English Composition / Support Tool / Search Engine / Usage of expression / Hit count / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 536, ET2007-97, pp. 73-78, 2008年3月.
資料番号 ET2007-97 
発行日 2008-03-01 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-97

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2008-03-08 - 2008-03-08 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima Univ. 
テーマ(和) ユビキタス学習環境/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2008-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 検索エンジンを利用した多言語作文支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multilingual Composition Support using a Search Engine 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 英作文 / English Composition  
キーワード(2)(和/英) 支援ツール / Support Tool  
キーワード(3)(和/英) 検索エンジン / Search Engine  
キーワード(4)(和/英) 用例 / Usage of expression  
キーワード(5)(和/英) ヒット数 / Hit count  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 綱嶋 祐一 / Yuichi Tsunashima / ツナシマ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 壮史 / Masashi Okada / オカダ マサシ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 一秋 / Kazuaki Ando / アンドウ カズアキ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-08 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-97 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.536 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2008-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会