お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-07 08:15
遅延発呼制御システムにおける時限式暗号を用いた不正接続防止方式の検討
稗圃泰彦小頭秀行上村郷志中村 元KDDI研IN2007-231
抄録 (和) 本稿では,遅延発呼を適用した輻輳制御システムにおいて不正接続を防止する方式を提案する.通信放送連携サービスや災害時など,イベントを契機として特定のサーバにアクセスが集中したとき,新たに接続要求するユーザの発呼を一定時間待たせることで輻輳を制御する方式がある.しかし,悪意のあるユーザが輻輳制御にしたがわず不正にサーバに接続し,結果としてサーバの負荷が急増するおそれがある.提案方式では,時限式暗号により暗号化された認証情報に対する復号鍵を放送波を用いて送信することで,ユーザが正しく待機したことを証明する.さらに,低計算量かつユーザが復号鍵を得る機会を複数回設定できる,計算能力の低い端末に適した時限式暗号を提案する. 
(英) The enormous amount of access requests triggered by events such as a questionnaire on TV programs can be expected to occur in a short period of time. In such a case, since the server may gets unstable or incapacitated, it is expected that users cannot access on the server. To solve the problem, we have developed a congestion control system by suspending the users' requests temporarily. However, malicious users who have no intention to follow the predetermined protocol can easily connect the server, since the developed system possesses no authentication function. As a result, the developed congestion control system cannot work well. In this paper, we therefore propose an unauthorized illegal access rejection method for the developed system. By using the decryption-key for authentication information encrypted by the Time-Release Encryption, the proposed method can verify whether the user is authorized or not. Furthermore, the proposed certification method can be implemented on devices that have low computational ability such as cellular phones, since the proposed certification method requires low computational load.
キーワード (和) 輻輳制御 / 遅延発呼 / 不正接続防止 / 時限式暗号 / / / /  
(英) Congestion Control / Delayed Access / Preventing Unauthorized Access / Time-Release Encryption / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 525, IN2007-231, pp. 431-436, 2008年3月.
資料番号 IN2007-231 
発行日 2008-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2007-231

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2008-03-06 - 2008-03-07 
開催地(和) 万国津梁館(沖縄) 
開催地(英) Bankoku Shinryokan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2008-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遅延発呼制御システムにおける時限式暗号を用いた不正接続防止方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration on Preventing Unauthorized Access on Delayed Congestion Control Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(2)(和/英) 遅延発呼 / Delayed Access  
キーワード(3)(和/英) 不正接続防止 / Preventing Unauthorized Access  
キーワード(4)(和/英) 時限式暗号 / Time-Release Encryption  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稗圃 泰彦 / Yasuhiko Hiehata / ヒエハタ ヤスヒコ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小頭 秀行 / Hideyuki Koto / コトウ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 郷志 / Satoshi Uemura / ウエムラ サトシ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 元 / Hajime Nakamura / ナカムラ ハジメ
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-07 08:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-231 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.525 
ページ範囲 pp.431-436 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2008-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会