お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-07 15:20
動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワークシステムの一実現手法
福岡佑介西岡隆司奈良先端大)・中村匡秀井垣 宏神戸大)・松本健一奈良先端大IN2007-208
抄録 (和) 本稿では,複数のベンダのネットワーク家電を収容可能なホームネットワークシステム(HNS)を構築する手法を提案する.まず,ネットワーク家電のベンダに依存しない標準家電サービスを構築し,HNSアプリケーションに向けて公開する.次に,各標準家電サービスとネットワーク家電を動的に結び付ける機構を構築する.これにより,様々なベンダのネットワーク家電に対応できるHNSアプリケーションが開発できるとともに,HNSやHNSアプリケーションを再構築することなく,HNSに収容されているネットワーク家電を置き換えることができる.また,本稿では提案手法に基づいたHNSフレームワークを実装するとともに,そのフレームワークを用いて複数ベンダのネットワーク家電からなるHNSを構築し,提案手法の有用性を確認した. 
(英) This paper presents a method that constructs the home network system (HNS) with multi-vendor networked home appliances. The proposed method first prepares vendor-neutral appliance services, and exhibits the services to the HNS applications. We then prepare a mechanism, which dynamically binds each vendor-neutral service and concrete appliances during runtime. Thus, the HNS service provider can build a common HNS application for various combinations of multi-vendor appliances. Moreover, it is unnecessary to rebuild the vendor-neutral services as well as the HNS applications even when any appliance is replaced with another. We have implemented the proposed method, and deployed the system in an actual HNS. The experimental evaluation showed that the implementation worked well with sufficiently small overhead for the practical settings.
キーワード (和) ホームネットワークシステム / ネットワーク家電 / マルチベンダシステム / ホームネットワークサービス / 動的バインディング / / /  
(英) home network system / networked appliances / multi-vendor system / home network services / dynamic binding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 525, IN2007-208, pp. 295-300, 2008年3月.
資料番号 IN2007-208 
発行日 2008-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2007-208

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2008-03-06 - 2008-03-07 
開催地(和) 万国津梁館(沖縄) 
開催地(英) Bankoku Shinryokan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2008-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワークシステムの一実現手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementing Multi-Vendor Home Network System Using Dynamic Service Binding Mechanism 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホームネットワークシステム / home network system  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク家電 / networked appliances  
キーワード(3)(和/英) マルチベンダシステム / multi-vendor system  
キーワード(4)(和/英) ホームネットワークサービス / home network services  
キーワード(5)(和/英) 動的バインディング / dynamic binding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福岡 佑介 / Yusuke Fukuoka / フクオカ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 隆司 / Takashi Nishioka / ニシオカ タカシ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井垣 宏 / Hiroshi Igaki / イガキ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 健一 / Ken-ichi Matsumoto / マツモト ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-07 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-208 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.525 
ページ範囲 pp.295-300 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2008-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会