お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-03-07 14:00
MBWAシステムにおける主要課題(2) ~ セクタ間干渉によるスループット特性劣化の原因と考察 ~
飯塚 昇浅野安良山崎吉晴ソフトバンクテレコム研)・小熊 博宮城県産技総合センター)・亀田 卓中瀬博之高木 直坪内和夫東北大WBS2007-106
抄録 (和) モバイルブロードバンド無線通信システムは次世代無線データ通信システムの候補であると考えられる.本稿ではFLASH-OFDM (Fast Low-latency Access with Seamless Handoff Orthogonal Frequency Division Multiplexing) を用いたシステムの実証実験結果について議論する.実証実験では,セクタ間干渉による下りスループット特性の著しい劣化が観測されている.特性劣化の原因を明らかにするために,FLASH-OFDMのアクセス方式であるFH-OFDMA (frequency hopping orthogonal frequency division multiple access)のセクタ間干渉低減効果に関する計算機シミュレーションを行った.その結果,(1)FH-OFDMAの干渉低減効果は,全セクタで同一周波数帯域を割り当て可能なDS-CDMA (direct sequence code division multiple access)と同等であり,(2)FH-OFDMAを用いたシステムではホッピングパターン長が長いため,サイトダイバーシティによるセクタ間干渉低減効果が期待できないことがわかった.更に,測定した信号対雑音干渉比の累積分布より隣接セクタのパイロットチャネルが主にスループットを劣化させていることがわかった.高トラフィックエリアにモバイルブロードバンド無線通信システムを設置するには,セクタセル構成は必須と考えられるため,セクタ間干渉低減は同システムの重要な課題である. 
(英) Mobile broadband wireless access (MBWA) systems are attractive candidates for next generation mobile data communication systems. This paper discusses results of the MBWA system field trial with Fast Low-latency Access with Seamless Handoff Orthogonal Frequency Division Multiplexing (FLASH-OFDM). Field trial results show that the downlink throughput performance is significantly impaired by inter-sector interference. To clarify the reasons of the impairment, we carry out a computer simulation on inter-sector interference reduction capability of frequency hopping orthogonal frequency division multiple access (FH-OFDMA), which is used as a multiple access scheme in FLASH-OFDM. The results summarizes as follows. (1) The interference reduction capability of FH-OFDMA is almost the same as that of direct sequence code division multiple access (DS-CDMA), which can allocate the same frequency band to all sectors. (2) In FH-OFDMA, a long hopping-pattern length yields no site diversity effect to reduce inter-sector interference. Additionally, cumulative distribution of measured signal to noise and interference ratio (SNIR) shows that pilot signals in the neighboring sectors mainly impair the throughput performance. Since a sectored cell layout is mandatory for deployment of the MBWA systems in a high traffic area, inter-sector interference reduction is a key issue for the systems.
キーワード (和) MBWA / FH-OFDMA / FLASH-OFDM / 実証実験 / / / /  
(英) MBWA / FH-OFDMA / FLASH-OFDM / Field trial / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 520, WBS2007-106, pp. 11-16, 2008年3月.
資料番号 WBS2007-106 
発行日 2008-02-29 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2007-106

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR WBS  
開催期間 2008-03-05 - 2008-03-07 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2008-03-RCS-AN-MoMuC-SR-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MBWAシステムにおける主要課題(2) 
サブタイトル(和) セクタ間干渉によるスループット特性劣化の原因と考察 
タイトル(英) A Key Issue for MBWA Systems (2) 
サブタイトル(英) Reasons of Throughput Performance Impaired by Inter-sector Interference 
キーワード(1)(和/英) MBWA / MBWA  
キーワード(2)(和/英) FH-OFDMA / FH-OFDMA  
キーワード(3)(和/英) FLASH-OFDM / FLASH-OFDM  
キーワード(4)(和/英) 実証実験 / Field trial  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 昇 / Noboru Iizuka / イイヅカ ノボル
第1著者 所属(和/英) ソフトバンクテレコム (略称: ソフトバンクテレコム研)
Softbank Telecom (略称: Softbank Telecom)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 安良 / Yasuyoshi Asano / アサノ ヤスヨシ
第2著者 所属(和/英) ソフトバンクテレコム (略称: ソフトバンクテレコム研)
Softbank Telecom (略称: Softbank Telecom)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 吉晴 / Yoshiharu Yamazaki / ヤマザキ ヨシハル
第3著者 所属(和/英) ソフトバンクテレコム (略称: ソフトバンクテレコム研)
Softbank Telecom (略称: Softbank Telecom)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 宮城県産業技術総合センタ (略称: 宮城県産技総合センター)
Industrial Institute of Technology, Miyagi Prefectural Government (略称: Industrial Institute of Technology, Miyagi Prefectural Governmen)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中瀬 博之 / Hiroyuki Nakase / ナカセ ヒロユキ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第8著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-03-07 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2007-106 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.520 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2008-02-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会